1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

、法律や公的機関の不備も指摘されている。たとえば、日本ではシングルマザーになることで子どもの
貧困率が上昇する。その原因の一つが、元夫から養育費を受け取っている家庭が二割弱しかないことだ。
DVなどの苦痛を受けた相手と二度と関わらないようにするため、親権のある女性でも養育費を要求しないまま離婚して
しまう傾向が強いのである。米国のような徴収代行を導入し、元夫婦が直接のやりとりをしなくても
養育費を受け取れるシステム

原因の一つが、元夫から養育費を受け取っている家庭が二割弱しかないことだ。DVなどの苦痛を受けた相手と二度と関わらないようにするため、親権のある女性でも養育費を要求しないまま離婚してしまう傾向が強いのである。

貧困層を搾取する企業や個人の存在も問題だ。学費や生活費に困っている子どもに不当労働を斡旋し、利益を得る人々が増えている。いわゆるブラックバイトである。家出少女を狙った売春も報道されているが、中には家族から虐待を受け、警察や児童相談所に駆け込んだものの相手にされず、寝る場所を求めて売春した少女もいるという。

虐待・育児放棄・貧困……この国には施設で暮らす子どもが4万人もいる!
あなたの身近にも必ずある施設の実態とは?http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44839

施設を出たあと、当事者が声を上げる機会が少ないこと、連絡が取れないことなどが問題が知られない背景にあるようだ。

 どうすればいいのか、答えを持ち合わせていないことがもどかしい。施設を出た後の人たちへのサポートも必要だろう。武蔵野市で昨年から若者サポート事業が始まったが、できることといえば、現状よりもさらにこの事業を拡充すべきことだ。

1 2