1. まとめトップ
  2. 雑学

金持ちがワインを好むには訳があった!税金が安くて健康に良いワインを飲むべき理由

ワインと言う飲み物は、お金持ちが飲むと言うイメージがあります。お金持ちがワインを好むには理由があって、税金が比較的安くて、健康にも良いという理由です。特に赤ワインは、お金持ちの紳士が良く飲む飲み物だそうです。食事と一緒にワインを気軽に楽しんでみてはいかがでしょう。

更新日: 2015年04月08日

22 お気に入り 20104 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

keizapさん

■何故、金持ちはワインを好むのか?

日本のお金持ちにワイン好きが多く、それはお金があるからワインを飲むのではなく、若い頃からワインを飲んでいる

▼ 日本でワインの税金が安い

日本におけるワインの税率は、どんなお酒よりも低くなっています。

酒税等負担率をみますと、ビールや発泡酒が高く、ワインが低くなっています。

ビール大瓶一本でも150円以上の税金を払っているのに、ワインはそれが、何千円のワインでも一本80円とか。

日本人は、ヨーロッパの人に比べると、ワインの消費量が極端に少ない事が分かります。

▼ワインが健康にとてもいい

お酒を飲みすぎるのは体に良くないですが、少量のお酒は健康を促進するという結果が得られています。

適量のお酒を適正に飲んでいる人は、お酒を全く飲まない人や大量に飲む人に比べて、長生きする

ベッドに入る前に、1杯の赤ワインまたはシャンパンを飲んでみて下さい。動脈を開き、血流が良くなる事により、性欲を増幅させます。但し、飲み過ぎはHのスタミナと性欲を減少させるので、アルコールは程ほどに。

■「ビール好き」の日本人サラリーマンたち

サラリーマンの間では、最初に「とりあえず、ビール」と頼むのが一般的ですが、税金を考慮していません。

日本のビールは、アルコール度数が4~5%程度と低いので、初めの1杯に最適

近年ではこの「とりあえずビール」という用例が、ビールを好まない人への強制と捉えられる向きもあって、若い世代を中心に敬遠されつつある

乾杯のとき、いまどきの若者には「とりあえずビール」は通用しません。

バブル期の平成6年頃をピークにして、日本におけるビール消費は、減少傾向にあります。

■金持ちは「赤ワイン」が好き

最も年収が高いと言われているのが実は赤ワイン好きの紳士なのです。

白ワインが好きな人の43%は学生。平均年収は340万~400万円ほど。出世の道半ばだが42%の人が出世には興味ないと回答。

中国のお金持ちが世界中から高級ワインを買いあさっており、高級ワインの値段が高騰しているという事です。

▼気軽なワインの楽しみ方

1 2