1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

■高橋吾郎さんのプロフィール

(名前)高橋吾郎

(愛称)ゴローさん

(生年月日)1939年6月29日 。

■高橋吾郎さんの歩み

・ゴローズの始まり

ゴローズのはじまりは高橋吾郎氏が、高校生の時に軍の進駐軍から革の彫刻(カービング)を教り、独学で勉強をして27歳の時に東京の青山に小さなショップをオープンさせました。

・その後単身アメリカへ.......

高橋吾郎氏は単身アメリカに渡り現地のインディオ達からシルバーの彫金を学び、現地のスー族であるインディアン族にいるメディスンマンのヴィジョンにより、日本人で初めて「イエローイーグル」というインディアンネームを授かった唯一の人になりました。

・ではなぜ高橋吾郎氏がインディアンジュエリーを作る事になったのか!?

高橋吾郎氏がなぜインディアンジュエリーを作り始めたかと言うと・・・
アメリカのアリゾナ地域で高橋吾郎氏が自ら作ったカービングを施したレザーのバッグなどを突然「どこで買ったのか?」と聞いてきた男と知り合ったのがきっかけです。その人物とはその後友人にもなり、現地のネイティブ達が作る銀細工の加工方法を教わるきっかけにもなりました。そして、そこで初めて本場のインディアンジュエリーに触れる機会が出来、シルバーアクセサリーの始まりにもなったのです。

・「イエローイーグル」の名を授かったスー族の儀式とは!?

「イエローイーグル」の名を授かった試練とはインディオのスー族に伝わるスウェット・ロッジという儀式を受け2年後に受けた35歳の時、あまりにも難しく厳しい試練サンダンスの「ハンブレチヤ」です。この試練とはなんと4日間食べ物はおろか水すら口にすることができず眠る事も出来ず、しかもドラムのリズムに合わせながら、大地を踏み鳴らしサンダンスの木の周りで踊り続けるのです。4日目には最も過酷なピアシングというイーグルの爪を胸の肉に通しヒモで引っかけ、木に結ぶ・・・それをなんと「マッスルに力を込めて外す」のです。もはやこれは勇樹といるのか、むしろ恐怖すら感じます。もちろん全員がやり遂げるとは限りません。最後は肉が引きちぎれ血が流れ母なる大地へと注がれそして結ばれます。傷にはセージの葉を使って手当するだけです。この儀式で高橋吾郎氏を導いたビジョンから、スー族のメディスンマンが名付けたのが「イエローイーグル」なのです。高橋吾郎氏は日本で唯一インディアンネームをもらった「イエローイーグル」の名に誇りと思っており、「僕の作った物が人の手に渡り、その人が歩む人生を僕も一緒に旅をするんだ。素晴らしい事だ」といっていたのです。

・スー族とはいったいどんなインディアン族なのか!?

出典yaplog.jp

「スー」とは部族名であたり、アルゴンキン語部族のオジブワ族が「ナドウェズ・スー」(小さな蛇)と彼らの事を呼んだいたのを17世紀に来たフランス人入植者が「スー族」と略称で呼んだ事が始まりである。インディアン部族同士でも蔑称で呼び合うような文化を持っているので特例な事ではなく、いまだに「スー族」が公式の部族名として使用されています。

・イエローイーグルを授かって帰国後・・・

帰国後は、ゴローズのショップを青山から現在の原宿のビルの店舗へと移転しました。ゴローズは正統派インディアンジュエリーに高橋吾郎氏の独創的な感性が加わり、更に魅力を増し洗練された創作をし始めます。その後90年代前半には、制作が間に合わないほどオーダーが殺到するようになり、シルバーアクセ界では一躍大人気になりました。多くの芸能人やセレブをファンに持ち、有名どころですと木村拓哉、金子賢、土屋アンナ等が愛用している事で有名にもなり、現在でもお店の前にはゴローズを求めて早朝から長蛇の列が出来るほど人気がでるようになりました。

1