1. まとめトップ

【動物強さランキング】アフリカ象から人間まで格付表完全版

地上動物を強さで格付けしました。武器なし。人間は服もなしです。一体どの動物が強いのでしょうか。

更新日: 2018年09月13日

17 お気に入り 921687 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

forestaiさん

S系はチートクラス
A系は自然界に敵なしクラス

B系は人間はまず敵わないレベル
C系は人間に勝ち目のあるレベル

海洋動物や猛毒を持つ生物などは、比較しづらいので外しています。

体長・体重に関しては平均個体の大型のもの(例えば平均体長が4~4.8mなら4.8m)を採用しています。なお数値が参照資料によってまちまちなので、大体の数字だと思っておいてください。

条件:気候は晴れ、20℃、互いに平均個体の成獣同士、草原で正面から一対一で相対した場合の殺し合いを仮定(逃亡は無し)。

S+ランク

体長7.5m/体重6000kg

最大にして最強。単体で勝てる動物はいない。
皮膚は分厚く、最大で3.5mに達する牙を持つ。
怒り狂ったアフリカゾウに成す術無し。軍隊の派遣を要請するレベル。
家は倒壊し、車は簡単に踏み潰される。

一匹で村を壊滅させたという報告もある。

体長6.4m/体重5000kg

アフリカ象と並び、最強生物の一角。

Sランク

体長4.2m/体重3000kg

分厚く硬質な皮膚で体全体を鎧のように覆っており、肉食獣の爪や牙を容易には通さない。

最大時速50kmから繰り出させる突進は陸上最強。並みの動物ならひとたまりもない。

体長4m/体重2200kg

体には鎧のようなひだがある。
角ではなく鋭い下部の歯を主な武器とする。

S-ランク

体長4m/体重2500kg

アフリカで最も人を殺した動物と言われている。

アゴの筋肉が非常に発達しており、闘争時には大きく発達した犬歯が強力な武器となる。

その巨体に似合わず、100mを9秒台で走るスピードをもつ。

体長5.5m/体重1000kg

脚力が強く、蹴り一発でライオンを仕留めることもある。

しかし本当に恐ろしい武器はその長い首。強靭な筋力で、重さ200kgを超える首を鞭のようにしならせ、相手に叩きつけるという独特の方法で闘う。

気性も荒いし足も速いし攻撃力も高いしで、もはや手に負えない。

A+ランク

体長3m/体重800kg

最強の肉食獣の一角。
牙、爪ともにクマの仲間では最大級かつ最高レベルに鋭い。 加えて、その打撃力は200kgものアザラシを海面から氷上へはじき上げるほど強力。

体長2.6m/体重680kg

最大級のヒグマ。3mを超える個体も発見されている。単純な戦闘力なら、ホッキョクグマを上回るという意見も少なくない

体長3.3m/体重1000kg

3mをゆうに超える世界最大級の野牛。
全身筋肉の塊。
戦闘時は手のつけられない凄まじい強さを発揮し、天敵であるトラさえも倒す。

体長3m/体重800kg

体も大きく力も強い為、外敵はほとんど見られない。

突進するときは、後ろ向きの角が前に出るように、顔を地面と平行にすれすれになるまで下げる。

The book of the tiger(burton 1933)によれば、スイギュウとトラの人為的な戦いではスイギュウがトラに勝つのが普通だったらしい。

体長3.3m/体重300kg

トラの仲間で地球最大級の体格を有する。

発達した後ろ足による跳躍力と、鋭い爪が特徴。飛びかかった相手の体にツメを食い込ませませるので、一度飛びかかられると、大型の動物でも逃げることが難しくなる。

Aランク

体長3m/体重250kg

トラと同程度の体格を誇るネコ科最大クラスの動物で、“百獣の王”の異名を持つ。

力も強く、爪や牙も大きくて、アフリカ大陸では彼らの右に出る肉食動物は存在しない。

体長2.8m/体重250kg

アムールトラより小柄ながらも、がっしりとした体格をもつ。ちなみにローマのコロッセオでのライオンとの戦いでは、トラのほうが勝率が高かったらしい。

体長2.3m/体重350kg

強力な爪と腕力で敵を攻撃する。その威力は、車の外装鉄板を易々と引き裂くほど。口径と牙はトラより大きく、噛む力も強い。そしてものすごく凶暴。走る速度は50km/hを超え、それなりに長時間走ることもできる。

体長3m/体重1000kg

重量感のある体から繰り出す突進は非常に強力。また、最高時速60kmで走ることもできる。

A-ランク

体長3.5m/体重1200kg

巨大な牙でホッキョクグマを撃退し、時には殺してしまうこともある。そのため、さすがのホッキョクグマも、大人のセイウチにはなかなか手をださない。

出典quute.jp

体長6m/体重3000kg

あまりの巨体のため、ホオジロザメですら成獣を襲うことは滅多にない。

陸上でもそれなりの速度で動ける。そのうえ、大きな犬歯をもそなえ、ペンギンなどの動物を殺した記録が幾つもある。

体長5m/体重450kg

最も大きいワニ。地球上で最も噛む力が強い動物と言われている。(サメやシャチなども含めて)

本来のテリトリーは水中のため、陸上では動きが鈍くなるが、体格がでかいので並の生物では歯が立たない。

体長3.5m/体重900kg

かなりの巨体だが、機動性も優れている。
角が最大の武器で、これに刺されたらひとたまりもない。

体長1.9m/体重130kg

ネコ科の動物としてはトラ、ライオンに次ぐ大きさであり、南北アメリカでは最大。体格に比べて頭骨が大きく、噛む力がむちゃくちゃ強い。

ジャガーという名前は、インディアンの言葉で「一突きで殺す者」という意味から来ている。

B+ランク

体長2.1m/体重280kg

世界最大のイノシシ。植物食を中心とする雑食性で、時に肉を求めてハイエナやヒョウから獲物を奪うこともある。

1 2 3