1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

プラセンタとは

プラセンタは哺乳類が出産した時に胎児と一緒に排出される胎盤のことで、美肌・美容効果のほか幅広い機能があることで知られます。

胎盤とは母親の体内で胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器ですが、受精卵が子宮内膜に着床して初めて作られる臓器であります。
そして、その役目を終えると赤ちゃんとともに母体外に排出される短期間的に役目をおえるものです。

 受精卵が、わずか10ヶ月で重さ約3キロもある赤ちゃんへと成長するのは、胎盤の役割が不可欠で、排泄、物質代謝、免疫、呼吸、内分泌などの役割を果たす、まさに万能臓器なのです。

 人間以外の動物の母親が、出産後に自らの胎盤(プラセンタ)を食べて体力を回復させるという事からも、豊富な栄養素や各種有効成分を含んでいることの証明ともいえるのではないでしょうか。

プラセンタの歴史

古来、プラセンタは経験的に美容や健康に良いということが知られていました。紀元前 「医学の父」 と呼ばれるヒポクラテスがプラセンタを治療に使ったり、そして歴代の美女がプラセンタ美容に使ったりしていたようです。

 美容目的だけではありません。戦時中は兵士の負傷を治すのに有効とされていました。つまり、古くから治療薬としてもプラセンタのパワーが知られていたわけです。古代、プラセンタを特殊な方法で保管しておき、大病した時にそれを使っていたのではないかという研究結果もあります。

プラセンタに含まれる有効成分

チロシナーゼ・インヒビター、上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子、各種サイトカイン、核酸塩基、各種細胞増殖因子、・・・etc

※ホルモン成分は含まれておりません。

プラセンタの効果

プラセンタは美肌にいいで有名ですが、実は美容だけではなく、そのほかにもさまざまな効果が期待されます。

●プラセンタは、強力な抗酸化作用によって、シミの原因となるメラニン色素を抑制したり、出来てしまったメラニンを排出する効果があります。
さらに、プラセンタの働きは、活性酸素によって衰えるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を保護しますので、肌トラブルの起こり難い肌を作ります。

●プラセンタには、美容に欠かせないEGF(上皮細胞増殖因子)とFGF(繊維芽細胞増殖因子)が含まれていますので、ターンオーバーを活性化しキレイな肌の維持に大いに貢献します。

健康にも効果があります。

血行をよくし、免疫力を高め、抗アレルギー作用があり、また痛みを抑える効能があるプラセンタは肌への効果ばかりでなく、疲労回復や二日酔い、肩こり、冷え性、更年期障害などにも効果を発揮します。また、よく眠れるようになる、顔色が良くなる、カゼにかかりにくくなる、アトピー性皮膚炎にも効果があらわれる、といった効能があります。

 さらに歯肉炎や胃潰瘍、円形脱毛症、リウマチ、腰痛にも効果的といわれているプラセンタ。活性酸素の除去作用もあるプラセンタは、キトサンやプロポリス、アガリスクなどと併用するといいともいわれ、抗がん剤治療の副作用も減らす効能があるとされています。

ヒトプラセンタ注射

ヒトプラセンタ注射はプラセンタのもっとも効果的な摂取方法です。
しかし、プラセンタ注射にまつわるさまざまな噂があります。

医療機関でのみ受けられる




 プラセンタ注射は人の胎盤から抽出されるもので、医療機関でのみ受けられる注射です。市販されているプラセンタサプリは人間のものではありません。

 認可されている「ヒト由来プラセンタ」は2種類だけ

現在、厚生労働省で認可されているヒトプラセンタは
•ラエンネック
•メルスモン

の2種類のみ。

メルスモンは更年期障害、ラエンネックは肝機能障害の改善を効能として認可されていますが、美容目的での効果はどちらもほぼ変わらないとされています。

プラセンタの安全性を確証する理由の一つにはメルスモンは国内の、感染のないヒト胎盤を原料としていることがあります。多種のアミノ酸を含有し、感染症に対する安全対策をしっかりとしています。今まで、細菌やウィルスによる感染の報告もないこともプラセンタの安全性を示しています。ラエンネックも日本国内で採取されるヒトプラセンタを原料として製造され、梅毒や結核、淋病、B型肝炎、C型肝炎、エイズなどの汚染がないことを確認され、危険性を排除したうえで出荷されています。

しかし、発疹や発熱、ショック症状などの危険性も全くないとはいえません。しかしながらプラセンタは副作用もなく、その安全性も高いことは明らかですが、未知のウィルスなどの危険性を完全に取り除くことは難しいとされていますが、これまでにプラセンタによる死亡事故などの報告はありません。

プラセンタを受けるには、同意書のサインがいる

現在、ヒト胎盤原料の医薬品に関してはクロイツフェルト・ヤコブ病、HIV、肝炎ウイルス、リンゴ病等に関する検査(ウイルスに対する核酸増幅検査など)及び安全対策(高温加熱処理など)が行われているものの、未知の病原体の存在を完全に否定する事は不可能なことから「特定生物由来製品」の指定を受ける事となっており、使用する際には医師からのインフォームド・コンセントと使用同意書への署名・捺印が必要となる。さらに、使用者のカルテ保存(最低20年間)や追跡調査などが義務付けられている。
 このため市販の大衆薬へのヒト胎盤の使用は事実上不可能となっており、ドリンク剤や健康食品、サプリメントに用いる胎盤は、ヒトからブタなどに転換されている。

ヒト・プラセンタに関しては、献血できない制約や、20年間追跡調査されることにつき、同意書が必要になります。ただし、クリニックで説明を受けると思いますが、これまで40年間、特にヒトプラセンタで感染症が出たなどの事件は起きていないそうです。

プラセンタ注射はリスクがないとは言い切れないですが、その一方、さまざまな効能が実証されてきました。読者の皆様、プラセンタ注射を受けるかどうか、慎重に考えてからお決めましょう。

貴女におすすめな記事:

1