1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【1クール】面白すぎて1日で見れるおすすめアニメまとめ

面白すぎて1日で見れるおすすめアニメをまとめてみました。どれも人気の作品です。全部のアニメが1クールなのですぐに見終わりますが、それがまた良いです。どれも素晴らしいアニメーションになっています。休みの日などにまとめてみるのをおすすめします。

更新日: 2016年10月01日

sleeping0978さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13002 お気に入り 13014291 view
お気に入り追加

勘違いと思い込みから始まるネガティブ青春ギャグコメディ!

書道の大家の息子にして、自らもその道で活躍する 高校生書道家・半田清。学校ではその近づきがたい佇まいから孤高のカリスマとして 一目置かれているのだが、本人はそれを「嫌われている」と思い込んでいた・・・。

はんだくんも観てました。ネガティブギャグコメディって言葉がぴったりなアニメでした(笑)はんだくんのネガティブさとタイミングで勘違いされ続けてるのが面白い(笑)みんなキャラが濃い!白高のボスっぽいキザイケメンの外見好きです(笑)

未来の涙が、私を変えてくれた。

高校2年生の春、菜穂に届いた「手紙」。その差出人は、10年後の自分だった。初めはイタズラかと思ったが、書かれていることが次々と現実に起こり、「手紙」がこれから起こることを綴っていると知る。転校生の翔を好きになること。そして、17歳の冬に翔が亡くなってしまうこと。翔を失った〈26歳の菜穂〉の後悔と願いを知った〈16歳の菜穂〉ができることとは?

アニメorange最初~最後まで見たんだけど感動したやっぱり友情っていいね✨一人で抱え込まないで悩んでいたら助けるとか守ってあげなきゃいけないね様子がおかしかったら気づいてあげれるようになりたい

若い頃を思い出すなぁ。ところどころ涙が出ました。友達の力って凄いな!死の決意を止めたくなるほどの「友情や愛情」考えさせられます。

愛、たべてる?

半年前に妻を亡くした高校教師犬塚公平は男手ひとつで幼い娘つむぎを育てていたが料理が一切できず出来合いの食事や外食ばかりの日々を送っていた。ある日、つむぎと出かけたお花見で母にドタキャンされ泣きながらお弁当を食べていた女子高生・飯田小鳥との出会いを経てつむぎにまともな食事を食べさせてやりたいという想いに駆られた公平は小鳥の母が経営する料理屋「恵」を訪ね、小鳥の母が不在のまま3人で炊いた土鍋のご飯がきっかけとなり3人で定期的に料理をするようになり、料理の楽しみに目覚めていくのだった。

毎週の癒しが無くなった…可愛すぎた…甘々と稲妻見てなかった人は見るべき神アニメでござる… pic.twitter.com/ZGpq2ORO3X

原作未読で1話から拝見しましたが、とても心暖まるストーリーです。思わず泣いてしまいました。昨今、減少の見えない『孤食』や『個食』化。この作品は特に親御さんに見て欲しい作品です。

「死んでも生きろ」「貫け、鋼の心を」。

近世から近代に移り変わろうとした頃、鋼鉄の皮膜で覆われた心臓を撃ち抜かれない限り滅びない「カバネ」という怪物が現れた。カバネに噛まれた者は、一度死んだ後に蘇り人を襲うため爆発的に増殖していった。蒸気鍛冶の少年、生駒は独自の武器「ツラヌキ筒」を開発し、カバネを倒す為の戦いが始まる…。

録画しといた甲鉄城のカバネリ最後まで見終わった 個人的に最高の終わり方でした! 作画もとても綺麗でストーリーとしても映像としても神アニメだったと思います! 今度は総集編の映画やるみたいだからまだアニメとか見てない人はまじで見た方がいい( ˙-˙ )

よくここまで全霊尽くすなぁと驚嘆するレベルで、美麗な画をぐりぐりと動かしている。ここまで偏執的に作り込む作品というのは、正直初めてかもしれないと思うほどです。

木幡真琴15歳―。一人前の魔女めざします。

木幡真琴は箒を使って空を飛ぶことができる魔女。15才になったら独り立ちをして家を出るというしきたりに従い、横浜から青森県弘前市にやって来て、またいとこの圭・千夏兄妹の家に居候を始める。魔女たちが好むという自然豊かな東北地方・弘前を舞台に、修行に励む一人の若い魔女の日常が描かれる。

やっとふらいんぐうぃっち見終わった…一風変わった日常系で面白かったし癒された。千夏ちゃんかわいすぎる 戌養さんだけやたら出てきたけど他のキャラももっと見たかったな

本作は『浄化アニメ』と称されるほど、見る人に癒しとぬくもりを与えてくれます。違和感のない、リアルな生活・温かみのある背景やキャラクターデザイン。見る人が不快に感じる要素は一切なく、ゆったりとした人々の生活や日常を感じることができます。

あの日、彼女は死んだ。

売れない漫画家・藤沼悟は、「再上映(リバイバル)」と呼んでいる特殊能力を持っていた。その能力は、直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムスリップしてしまうというものだった。この能力に不満を持ちながら、悟はピザ屋のアルバイトをこなす日々を過ごしていた。
しかしある日起きた事件をきっかけに、これまでに経験したことのない大きなタイムリープが発生し、18年前に戻ってしまう。小学生に戻った悟。未来を変える為に過去を変える。果たして、そこには輝ける未来が待っているのか!?

アニメ版の僕だけがいない街視聴終了ー。各回ごとにも面白いし、全体としても面白いというすごい作品だった。この手の作品の落ちはすごい大事だけど、最後にあの伏線回収してくれてグッと来た。ラストの展開はお約束ダネ、ああいうの好きよ

見ていてここまで引き込まれたアニメは久しぶりかもしれません。最初のPVを見るまでは、よくあるリープ物?暗いだけのシリアスなアニメという印象しかありませんでした…。が、実際に見てみて良い意味で期待を裏切られました。一つ一つの描写、言葉や態度など細かいところに伏線が仕込まれています。そして各話ごとの展開にハラハラさせられたりホッとしたり感動したりと、いつの間にか食い入るように見入っていました 笑

1 2 3 4 5 6 7 8 9





sleeping0978さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう