1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【1クール】面白すぎて1日で見れるおすすめアニメまとめ

面白すぎて1日で見れるおすすめアニメをまとめてみました。どれも人気の作品です。全部のアニメが1クールなのですぐに見終わりますが、それがまた良いです。どれも素晴らしいアニメーションになっています。休みの日などにまとめてみるのをおすすめします。

更新日: 2016年10月01日

14100 お気に入り 17041041 view
お気に入り追加

捕物帖、はじめます。

“終戦”を迎えたばかりの未来の東京。そこでは、探偵業が流行らなくなった代わりに、メディア王・海勝麟六が膨大な情報量と優れた頭脳を生かして、幾多の難事件を解決していた。しかし、実は麟六の推理には裏があり、それをあぶり出すのが、「最後の名探偵」を自称する結城新十郎と、その相棒・因果。世間からは、「敗戦探偵」と言われているが、それでも2人は力を合わせて、様々な難事件の解決に挑むのだった。

内容は非常に濃くて、よくこの情報量を1話分に詰め込み消化できていたものだと感心できる質アニメでしたね。雰囲気もオサレで、性別世代間問わず親しまれそうな感じの作品に対する印象があります

スタイリッシュ&ハードボイルドな主人公の言い回し最高
無駄に力が入っていない感じが特にツボ

”死者”は誰?

その学校のそのクラスには、誰にも話してはならない“秘密”がある・・・。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女 見崎鳴 に惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、予想もしなかった惨事が! この“世界”ではいったい、何が起こっているのか…?

アニメのanotherみたことなかったけどめちゃくちゃいいじゃん!! エレベーターで看護師が死ぬシーンめちゃくちゃいいじゃん!!!!!!!!!!!!!!!!!

Anotherめっちゃ怖かった!(暇に任せてアニメ見まくってる)

誰でも、楽しく生きられる――!

三百年前、船の上で錬金術師達は不死の法を手に入れるため、『悪魔』を召還したのが全ての始まりであった。悪魔は錬金術師達に不死の酒を与え、唯一死ねる方法と召還主だけに不死の酒の製造方法を教えた。しかし、その次の日の夜、錬金術師達の内の一人が仲間を喰い始め、彼らはその魔手から逃れる為、世界中に散り散りとなった。そして禁酒法時代のアメリカ、不死の酒を巡り、バッカーノ(馬鹿騒ぎ)が始まる!

バッカーノ!(BACCANO!) アニメ全13話(番外編+3話)見終わりました。 久しぶりに綺麗に終わるアニメを見た気がする。キャラクター全員主役で、それぞれに個性・人生・役割を持ってストーリーが進んでいくのは見てて気持ちよかった。 pic.twitter.com/NoDpnnkXrp

ストーリーは1711,1930~1932年と4つの年代の話を各話の中でシャッフルした構成のため、初見の人は辛いかも知れませんしかし終盤になれば、そのバラバラだった話が全て繋がり最後には満足感・爽快感を感じました

この島でひとりに・・・なれない。

書道家の半田清舟は、ある受賞パーティーで書道展示館の館長を殴ってしまう。見かねた父親は半田に「自分の人間として欠けている部分」を見つけさせるため、彼を自然豊かな五島へ送り込む。

そこで彼は天真爛漫少女・琴石なるをはじめとする個性的な島民達と出会い、親交を深めていく。田舎独特の人間関係に戸惑いながらも、半田は新しい何かを見つけ始めていた。

ばらかもん面白いなあ 癒されるし面白いし学ぶものあるし… こういうほのぼの系のアニメってあまり好きじゃないんだけど、これは大好き^^

ばらかもんアニメ見返し中 いやあやっぱいいね、おもしろいし和む笑

ピンチの時にはヒーローが必ず現れる――。

自由奔放で自信家のペコ(星野裕)。クールで笑わないスマイル(月本誠)。二人は片瀬高校卓球部。子供のころ、ペコに誘われて卓球道場タムラで卓球を始めたスマイルはかなりの腕前だが、今でもペコにはなかなか勝てない。そんなペコの前に、辻堂学院の留学生、孔文革(コン・ウェンガ)が立ちふさがる。


274cmを飛び交う140km/hの白球。その行方が、頂点を目指す少年たちの青春を切り裂く。

お前ら、マジでピンポンいいアニメだから、見てないやつみろ。絵が嫌いといってる奴も見終わったら絶対、後半好きになるから。見ろおぉぉぉぉぉぉぉおお! pic.twitter.com/8U2vKLcYix

今さらですがアニメ版ピンポン観て感動、オススメです(^-^)ちなみにTAAF2015アニメオブザイヤーテレビ部門グランプリ受賞です!

痛く切ないやさしい思い。

円形の壁に囲まれたグリの街、灰羽の暮らすオールドホーム、ある日突然、ラッカはそこにいた。
戸惑いながらも少しずつその生活に馴染んでいくラッカ。しかしやがて、短い夏の終わりに1つの別れが訪れる……。

序盤はとてもゆったりとしていますが、途中から急加速。13話の為に収束していくストーリーです。放送当時は12話の時点でもう満足気味だったのですが最終回は序盤と比べると想像も出来ないシーンの連続で圧倒された事を覚えています。

まぎれもない不朽の名作,好きになれるかどうかは人それぞれ、かなり人を選ぶ作品であることは確かです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9