1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

フィリピンで1万2000人を買春した元中学校長を逮捕… 14歳から70歳まで手当たり次第

2015年4月8日、神奈川県警はフィリピンで13歳から14歳の少女を買春したとして中学校の元校長(64)を逮捕しました。容疑者宅を家宅捜索したところ約1万2000人以上との女性を買春し、その様子を撮影した写真などが出てきたとのことです。

更新日: 2016年06月01日

dat_naviさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 32111 view
お気に入り追加

■1万2000人以上の女性を買春

2015年4月8日、神奈川県警少年捜査課と大船署は、フィリピンで少女とのみだらな行為を撮影したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、横浜市立中学の元校長(64)を逮捕した。

去年の元日、フィリピン・マニラ市内のホテルで当時13歳から14歳くらいの少女に金を払ってわいせつな行為をし、その様子を撮影した疑い。

男はこれまでに、未成年を含む1万2000人以上の女性を買春していた。このうちの1割が未成年とみられています。

25年で1万2000人って、せめて一桁多くない?と計算してしまったわ…1日1人以上やで…

1万2000人って一日一人ずつ買春しても32年くらい掛かるし本当にどうやったのか不思議。よほど絶倫なのか?

■14歳から70歳まで

県警が昨年2月に容疑者宅などを家宅捜索したところ、居室から約400冊のアルバムと、約1万2000人に上る少女や成人女性の裸の写真などが見つかった。

関係先からは14歳から70歳までの女性とのわいせつな写真が押収された。

ほとんどすべての女性とみだらな行為をしている様子を撮影していて、押収された14万枚以上の写真には女性ごとに番号が振られていた。

「仕事のプレッシャーが強く、倫理観のたがが外れたときに、より解放感を味わえた」と供述しているという。

1988年から3年間、仕事でフィリピンに派遣されていた。県警に対し「この時期に現地の女性を初めて買春した」と説明、その後65回同国に渡航していた。

1万2000って数にも驚いたけど70歳ってなんだよ70歳って

■刑法の国外犯規定での逮捕

県警は、警察庁から同容疑者に関する情報提供を受け捜査を開始。刑法の国外犯の規定を適用した。

日本の児童買春・児童ポルノ禁止法は、第10条の規定によって海外で児童買春を行った場合も国外犯として処罰がなされる。

■日本人男性のアジア買春ツアー

米国務省が発表した世界の人身売買に関する報告書によると、日本の評価は主要7カ国で唯一の「対策不十分」。理由のひとつに挙げられたのは、日本人男性が「買春ツアー」を通じて東南アジアの少女買春の買い手になっている点。

日本の景気がよかった1980年代の頃、日本人が東南アジア旅行に繰り出し、現地の女性相手に買春をするのが、社会問題になった。

買春ツアーが盛んだった頃は日本のやくざも絡んでおり、今でもやくざは怖い女衒のイメージとともにフィリピン人なら誰でも知っている単語である。

米国務省の「人身売買報告書」によると、「日本人男性は依然として、東南アジア、および程度は低いものの、モンゴルにおける児童売春ツアーの需要の大きな源泉となっている」としている。

米国務省の「人権報告書」は、「日本は依然として、児童ポルノの製造および取引の国際的な拠点」であると報告 。

「店では18歳と紹介される少女でも、実際は13~16歳ということがよくあります。日本人たちはそれを知ってて性的な関係を持つ人もいますよ(タイ旅行代理店のタイ人)」

1 2





dat_naviさん

画像や動画を使ったわかりやすいキュレーションをめざしています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう