1. まとめトップ

漫画家の藤原ここあさんが急死… 享年31、『妖狐×僕SS』などヒット作生み出す

2015年4月7日、『妖狐×僕SS』などのヒット作を生み出した漫画家の藤原ここあさんが3月31日に逝去していたことがスクウェア・エニックス「ガンガンJOKER」公式サイトで発表されました。31歳という若さでの死にファンは驚きを隠せないでいるようです。

更新日: 2015年04月08日

3 お気に入り 23345 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dat_naviさん

■人気漫画化が急死…

「妖狐×僕SS」で知られる藤原ここあが、3月31日に逝去した。31歳。

藤原さんが連載していたスクウェア・エニックス「ガンガンJOKER」公式サイトで発表された。

同編集部は「編集部一同、先生の画業に敬意と感謝を表するとともに、ご冥福を心よりお祈り申し上げます」と報告。

取材に対し、編集部は「死因は病気」と明かしたが、それ以上は公表されなかった。

葬儀は親族、近親者のみで執り行われた。

ガンガンJOKERにて連載中の「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」は、3月20日に発売された4月号掲載分にて最終回となる。

嘘だろ・・・31歳で亡くなるなんて、若すぎるよ・・・

31歳って若すぎる 藤原ここあ先生大好きです ゆっくりやすんでください

■つい最近までツイッターを更新

藤原ここあ先生27日までは普通にツイートしてらっしゃったのに…;;

えっ、藤原ここあ先生どうしたの。ほんの少し前までゆるいツイートしてなかったか?なんで。

藤原ここあ先生が亡くなったとか嘘だ… だって亡くなる4日前までTwitterしてるのに やだやだここあ先生が居なくなったらやだ やだよ…先生

病気か… ここあさんのTwitterにそんなそぶりがなかったってことは本人が隠してたか急病やったんかな………ショックや

■『妖狐×僕SS』はアニメ化の大ヒット

1983年4月28日生まれ、福岡県北九州市出身。1998年に第7回21世紀マンガ大賞で佳作を受賞。

1999年『月刊ガンガンWING』3月号に掲載された『CALLING -コーリング-』で中学三年生の時にデビュー。

その後、『わたしの狼さん。』『わたしの狼さん。THE OTHER SIDE OF LYCANTHROPE』掲載、両読み切りの続編『dear』を2002年8月号から2008年1月号まで連載。

2009年より月刊ガンガンJOKERにて連載していた「妖狐×僕SS」はTVアニメ化も果たした。

『妖狐×僕SS』のキャラクターソングのなかには作詞をした曲もある。

■急な訃報に「事故」「自殺」との声も

藤原ここあ先生ショックでちょっと立ち直れないよ、うわ、なんで…事故かな…

藤原ここあ亡くなったって…自殺でしょうか。スクエニ死因書いてないし…

藤原ここあさん、死因が公表されないところとか家族だけの葬式とかみるやっぱり自殺なのかな、 どんな理由にせよ死因にせよ妖狐×僕SS大好きでした 御冥福をお祈りします

1 2