1. まとめトップ

被ってみたい・・!「リアル猫ヘッド」が本物そっくりすぎると話題に

リアル猫ヘッド・・。これは猫好きだけでなく、犬派の人でも魅力を感じてしまうのでは??

更新日: 2015年04月08日

4 お気に入り 6210 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hakyunaさん

▼ 「リアル猫ヘッド」がCGにしか見えない・・と話題!

どこからどう見ても本物そっくりなのだが、実はこれ、羊毛フェルトでつくられたものなのである。

この「リアル猫ヘッド」をつくったのは、猫人形のつくり方を学べる日本羊毛アート学園の「猫科」の講師をつとめる佐藤法雪さんとその生徒たち。

羊毛フェルトで製作されており、かぶると二足歩行の巨大なねこになれる。 実際にかぶっている様子も投稿されているが、人によって雰囲気がちがって見えるとか。いいなー、楽しそう!

羊毛フェルト製「リアル猫ヘッド」は猫を被る人によって雰囲気が違って見えるので面白いです。上野・東京都美術館・平泉展選抜展・佐藤法雪【猫科】生徒作品展。4月18日(土)~23日(木)※月曜休み会場:東京都美術館(上野)1階第1展示室 pic.twitter.com/FNbHCgfHZF

▼ 佐藤法雪さんは「赤塚不二夫トリビュート展」でも作品を発表

『赤塚不二夫トリビュート展』と商店街みんながみんな猫にゃのだ!あの赤塚不二夫が生み出したキャラクター達が猫になって登場!!

今月5日から30日まで青梅赤塚不二夫会館にて「赤塚不二夫トリビュート展・みんながみんな猫にゃのだ」が開催されています。 当方も参加出品しています。是非足を運んでみて下さいね。一部写真公開しちゃいます。 pic.twitter.com/lIdonil2IH

タイトル 「これでいいのだ!」 11月5日から青梅・赤塚不二夫会館で開催される『赤塚不二夫トリビュート展』みんながみんな猫にゃのだ!に参加します。 ome-akatsukafujio-museum.com/event/index.ht… pic.twitter.com/rpGEVa22Av

▼ 元となっている「ニードルフェルト人形」とは

羊毛を特殊な針でつつく事で、繊維を絡めながら任意の形に成形できる手芸の一種。ニードルフェルトとも呼ばれる。様々な色の羊毛を自由に組み合わせ、作品を制作する。

ニードルフェルト人形は、その名の通りフェルトの「毛」を「針」でボディに埋めていくことで作るという、それはそれは地道な作業で作られています。

僕は最初遠目で「はく製」だと思って、驚いて近づいたんですが、そしたらこのニードルフェルト人形だったわけです。

ニードルフェルトにはまってしまいました・・・!!

紅花染めワークショップ、本日の素材はニードルフェルト用の羊毛スライバー♪(^^) メリノウール100gって意外とボリュームあります…。 pic.twitter.com/0SSm7FuDBi

▼ リアルすぎる「ニードルフェルトの世界」

1