人は今生きてある世界に対し何ができるのかを、登場人物に託して問い続ける。「それぞれが自分にできることをすればいいし、私にとっては書くことが自分にできること」。これからは単純な「ハッピーエンドの物語も書きたいな」と笑いつつも、安易な解決法の提示はしないと決めている。

出典『鹿の王』で本屋大賞、上橋菜穂子さん 答えなき世界に挑む  :日本経済新聞

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

鹿の王(上橋菜穂子) あらすじ、感想、ネタバレまとめ

本屋大賞2015年のグランプリに輝いた上橋菜穂子の「鹿の王」のまとめです。

このまとめを見る