インテルは5日、同社製のスティック型PC「インテル Compute Stick」Windows 8.1搭載モデルについて、日本国内にて6月12日に発売することをアナウンスした。
「インテル Compute Stick」は、2回の発売延期を経て日本市場に投入されることとなる。国内投入は2015年4月2日に、1回目の発売延期は同年4月23日に、2回目の発売延期は同年5月12日に、それぞれ発表されていた。

延期の繰り返しでしたが、ついに発売確定の様子です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

小型で場所を選ばないスティック型Windowsパソコンの数々

近年流行りの、ディスプレイに直接差すだけでパソコンとして機能する小型のスティック型PC。Androidマシンは多く出ていたのですが、このところWindowsでもこの小型スティック型PCが発売しております。

このまとめを見る