1. まとめトップ

個性的、だけどどこか懐かしい。熊本の素敵な本屋さん4選

流行に敏感な「わさもん」(新しいもの好きな人を指す熊本弁)が集まる下通り・上通りの大きな商店街がある一方、新町と呼ばれる古い建物が立ち並ぶ地域もある熊本市。そんな熊本ならではの、おしゃれでどこか懐かしさを感じる書店をご紹介します。ゴールデンウィークで熊本を訪れる際はぜひ足を運んでみては。

更新日: 2015年10月23日

22 お気に入り 27165 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

MGorillaさん

おしゃれだけど、どこか懐かしさを感じる熊本の街

流行に敏感な「わさもん」(新しいもの好きな人を指す熊本弁)が集まる下通り・上通りの大きな商店街がある一方、新町と呼ばれる古い建物が立ち並ぶ地域もある熊本県熊本市。

そんな熊本ならではの、おしゃれでどこか懐かしさを感じる書店をご紹介します。

1.長崎次郎書店

【住所】〒860-0004
    熊本県熊本市中央区新町4丁目1−19
【電話】096-326-4410(さーじろーしょてん)
【E-mail】info@nagasaki-jiro.jp
【休日】元旦・藤崎宮秋季例大祭当日
【営業時間】11:00 ~ 20:30

大正13年に創建された現在の建物は、明治・大正期に活躍したスター建築家・保岡勝也の設計によるもので、『国登録有形文化財』に指定されている。

長崎次郎書店は、かの文豪・森鷗外が『小倉日記』のなかで「書肆の主人長崎次郎を訪ふ」と記すなど、そのエピソードの数々は私たちの想像力を豊かに掻き立てます

諸般の事情により昨年より休業を余儀なくされましたが、創業140周年の節目の年にリニューアルオープン。

メニューはコーヒーや紅茶のほか、だんご汁(税抜800円)などもあります。
ギャラリーやカフェコンサートもあるので、1階で本を購入した後は2階でゆっくり時間を過ごしてみては。

2.長崎書店

【住所】熊本市中央区上通町6-23
【電話】096-353-0555
【E-mail】info@nagasakishoten.jp
【休日】無休
【営業時間】10:00 ~ 21:00

シックでモダンな外観・内装、大人の読者の知的好奇心を満たす本のセレクトなど、独自の書店空間の演出で注目を集める。

店内には「ギャラリースペース」を設け、芸術家・作家の展覧会を催したり、素敵な雑貨販売展をおこなったりもしています

店内には、10坪ほどの「長崎書店ギャラリー」があり、展示スペースとして、またフェアスペースとして使われています。

他の本屋さんとはまた違った雰囲気があります。とても居心地の良い空間というか、落ち着きます。置いてある本もセンスの良いものばかりだと思います。店内のギャラリーで開催されているイベントも、様々で飽きない素敵空間です

3.橙書店

【住所】熊本県熊本市中央区新市街6-22
【電話番号(FAX)】096-355-1276
【MAIL】info@zakkacafe-orange.com
【営業時間】11:30~21:30
【定休日】ナシ

店内はこじんまりとしつつも、おしゃれな写真集や絵本が並べられています。

本の数は決して多くなくてだいたい1100から1200冊。出版社30~40社程度と直取引で仕入れているという。自分の好きな本、読みたい本だけを扱いたいというだけあって、偏りというか偏愛をとても感じる

こちらで販売されている雑貨も個性的で小洒落たデザインのものばかり。書店の周辺でくつろぐ猫たちを眺めながら、お気に入りの一冊を見つけてくださいね。

新市街というアーケード街から一本脇へ入った通りにある。終戦直後に建てられた建物が今も並ぶこの通りが気に入って空き物件を探したという

4.ポアンカレ書店

【住所】熊本市中央区城東町 5-18
【営業時間】14時から19時営業 営業日は日祝。
土曜日も含む平日の営業日、営業時間はツイッター上でお知らせ。

熊本県熊本市は熊本城のすぐそばにある、西洋風のお城の形をしたセレクト古本屋さんです。1階で本を扱っていて、2階はイベントスペースになります

あの坂口恭平もアルバイトのひとりで、とにかく店には色々な人たちが集います

運がよければ坂口さんにも会えるかも。

店内には、懐かしいマンガや小説などが売られてあります。もちろん坂口恭平さんの著書も置いてありました。

店員さんがとても気さくな方で、昨年夏にお店に伺った時は冷たいお茶を用意してくださいました。

1 2