ある程度の緊張はプラスに作用しますが、「極度の緊張やあがり症」は、恐れや自信喪失に繋がり、マイナスに作用します。

出典「あがり症」を自覚する人に意識してほしい3つのポイント - ライブドアニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

新社会人必見!「あがり症」で失敗しない5つのポイントとは?

新社会人になると、新たな部署や会議、ミーティングなどで自己紹介をする機会が多いです。しかし、緊張してうまく話せなかったり、言い間違えなどにより、後で落ち込むこともあります。そんな「あがり症」にならないためには、どのような対策が必要なのでしょうか?

このまとめを見る