「危険を予想できたなどの特別な事情がない限り、親が監督義務を尽くしていなかったとは言えない」と初めて判断。「通常のしつけをしており事故も予想できなかった」と結論付けた。

出典子供の蹴ったボールで事故、親の責任認めず 最高裁  :日本経済新聞

初めてはっきり親に責任はないと判断された事が異例。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

逆転敗訴の「サッカーボール裁判」父親のコメントが泣ける

サッカーボール裁判の最高裁の判決は逆転敗訴となりましたが、判決が出るまでの10年間はあまりにも長く、両家族にとって本当につらい期間になったと思います。

このまとめを見る