最高裁は、監督義務を怠ったとして両親に賠償を命じた一、二審判決を取り消し、男性の遺族の請求を退けた。

出典男児蹴ったボール避けバイク転倒 親に監督責任なし 最高裁、賠償請求を棄却 | どうしんウェブ/電子版(社会)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

逆転敗訴の「サッカーボール裁判」父親のコメントが泣ける

サッカーボール裁判の最高裁の判決は逆転敗訴となりましたが、判決が出るまでの10年間はあまりにも長く、両家族にとって本当につらい期間になったと思います。

このまとめを見る