1審・大阪地裁、2審・大阪高裁はともに、男児に過失があったと認める一方、11歳だったことから責任能力はないと判断。

出典小6蹴ったボールよけ死亡、両親の監督責任なし : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

逆転敗訴の「サッカーボール裁判」父親のコメントが泣ける

サッカーボール裁判の最高裁の判決は逆転敗訴となりましたが、判決が出るまでの10年間はあまりにも長く、両家族にとって本当につらい期間になったと思います。

このまとめを見る