1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

Apple Watchの実機で試せる「Force Touch」って?

4月10日からApple Watchの試着、予約ができます。その前に知っておきたい「Force Touch」という機能。実はその進化バージョンが次期iPhoneに搭載されると噂されています。

更新日: 2015年04月10日

IT次郎さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 46565 view
お気に入り追加

▼AppleWatch予約受付開始の日

■実機で触れてみたいAppleWatchの機能がある

試着や予約受付が開始されるApple Watchですが、発売まで1週間を切って、また新たな機能に関する話題が登場しています。

これにより文字盤を切り替えたり、アプリで操作オプションを利用したりできるようになる。

これを知ったら実機を触ってみたくなりますよね。

■Force Touchとは?

感圧入力方式は、通常の圧力とより深い圧力を、それぞれ異なる入力として区別できる

指先で軽く触れるタップと、強く押すプレスの違いを感知する。

凄い繊細…。

新しいMacBook(とレティナディスプレイの13インチMacBook Pro)がトラックパッドに採用

■AppleWatch、MacBookに搭載されたということは?

アップルの表現では「ユーザーインターフェイスの新しい次元が開かれました」「マルチタッチの登場以来、最も画期的な新しい感知機能。それが感圧タッチです」

■じゃあ、iPhoneでForce Touch採用となるとどう変わるのか

iPhoneの次期モデルに搭載されるForce Touchは、圧力を直接感知するのではなく、スクリーンに触れる指の面積を測り、軽いタッチと区別するという。

現行のiPhoneにも指の面積をある程度認識する機能が備わっているが、次期モデルは専用のセンサーを用い、より正確に判断できると、9to5Macは伝えている。

6sをスキップしていきなり7ですか! それに見合うだけハードウェアだけでなく、ソフトウェアの進化が予定されているのかもしれません

■そんな大幅進化の可能性を持つ「Force Touch」技術

1 2





IT次郎さん

Apple製品・IT情報・ゲームが大好物。

このまとめに参加する