1. まとめトップ
  2. 雑学

知らなかった…。人の思考の9割は、「昨日と同じ」だった

日々時間は流れ、また新しい一日がやってくるにも関わらず、私たちの思考の9割は「昨日と同じ」なのだそうです。どうすれば、凝り固まった思考パターンから抜け出し、変化を起こすことができるのでしょうか。

更新日: 2015年09月01日

replicant_gさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1071 お気に入り 145021 view
お気に入り追加

■私たちが考えていることの、なんと9割は「昨日と同じ」!

人は1日に6,500もの思考をしているって知っていますか?その6,500の内の95%は昨日と同じ事を考えているそうです。

これでは、人生に変化が起こるわけはありません。

人生に変化を起こしたいと思うなら、思考を変えなければなりません。でも、この「思考を変える」というやつがなかなか難しいのです。その原因は…

■行動パターンが「昨日と同じ」だから!

たいていの人は、毎日の生活の中でほぼ固定された行動パターンが出来上がってしまっています。それを変えない限りは、思考を変えることはできません。

私たちの思考は、生活の中から入ってくる情報によって生み出される結果です。手に入れられる情報は行動によってのみ変わります。

いろいろな選択肢があるはずなのに、自分からすすんで毎日同じことを選んでいることがあったりする。

試しに、朝の行動を、振返ってみてください。昨日と殆ど、同じ時間に起きて、同じように目覚まし時計を止めて、昨日と同じ順番で、顔を洗って、シャワーに入って、朝ごはんを食べて・・・など朝の支度を済ませて(笑)。

毎日同じことを考え、同じことをする。その繰り返しで、ただ歳だけをとっていく。
楽しいことを考え、しているなら何も問題はありませんが、そうでない場合は…。想像するだけでゾッとしますね。

人は放っておくと、前日と同じ行動をしがちです。しかし、変化をしなければ、やがては時代に取り残されて気づいた時には、老人になっているかもしれません。

昨日と違う結果が欲しいなら、昨日とは違う行動を、思考が停滞していると感じたり、閃きが弱いなと感じたりしたら、普段とらない行動をするのです。

とはいっても、突飛なことをしなければいけないわけではありません。小さなことで構わないので、“昨日とは違うことをする”。その積み重ねが、やがては大きな変化になります。

■昨日とは違う今日にするためのヒント

まずは、前日からの繰り返しを脳が選択しないように意識してみましょう。1日の時間は限られ、新しいことにチャレンジするのは、難しいと思われがちですが時間も自分の行動も意識を変えればコントロールできるのです。

敢えて、昨日とは違う選択をすることで、目に映る風景が変わります。手に入る情報が変わります。それによって、思考が変わっていくのです。

たとえば、ふだん読書する習慣のない人は、とにかく本を読んでみる。よく本に親しんでいる人は、ふだん食指が伸びないジャンルに食欲をだす。

旅行なんていつ行ったっけ、という人は旅にでる。

例えば、いつもより少し早起きして、何本か早い電車に乗って会社に行ってみる。

いつも仲間と一緒にランチをしていたのをお休みして、たまには一人で食事をしてみる。

近所で、まだ歩いたことのない界隈があれば、さっそくスニーカーを履いて出かけていく。

とにかく、【 去年、先月、先週、昨日の延長線上にないことを実行する 】のです。

■毎日少しずつ、「昨日と違うこと」をしていけば・・・

気がついたときには、「変えたい」「変わりたい」と思っていた頃の自分とは、遠く離れたところまで来ているかもしれません。

自分を変えたいと思っても急に生まれ変わることはできません。それよりも、一日が終わった時、今日は自分にどんな変化があって、昨日と何が違うのか、毎日自問する習慣をつけてみる。

それを365日繰り返すことができれば、1年後には自分でも驚くほどの別人になっているはずです。

自分が望む変化に繋がりそうな、楽しいことを選択するようにしましょう。

昨日にはなかった、ポジティブで楽しい事を考えると、それが習慣になると、少しずつ人生が変わってきます。

1





replicant_gさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう