1. まとめトップ

社会人としてのマナーの1つ“オフィスメイク”はナチュラルに♪基本のナチュラルメイク

会社や仕事に合わせたメイクをするのって普段自分流のメイクをしている人にとっては大変ですよね!女性が仕事にメイクをしていく事は男性がネクタイをして仕事に行くのと同じでマナーの1つなんだって。今回は基本のナチュラルメイクの紹介♪基本のメイクにプラスマイナスして自分なりのメイクを楽しんでね♪

更新日: 2017年01月07日

35 お気に入り 29775 view
お気に入り追加

“オフィスメイク”しっかり出来ていますか?

この春から新社会人になった!また出向や部署変更、転職などで新たな職場で働く人もいると思いますが、職場のメイク、いわゆる“オフィスメイク”はしっかりと出来ていますか?濃いメイクでの出社、ナチュラルさを押し出してのノーメイクでの出社…これってどちらも非常識だと思われてしまう場合があるので要注意です。

▼化粧しすぎてもスッピンでもマナー違反

女性が会社に行く時にメイクをするのはマナーのひとつです。

これは、男性がスーツにネクタイを締めるのと同じことです。朝時間がないから、面倒だからというのはもちろん、素顔が良いと信じて会社にスッピンで出社するのは絶対にNGです。

子どもの頃と違って社会人になると肌にも疲れが出てきたり年齢も肌に影響してくるものです。なので社会人になって相手に健康的な印象を与える意味も含めメイクは重要になってくるんだそうです。

▼厚過ぎないナチュラルメイクを心がける

相手に好印象を与えるオフィスメイク

薄すぎるとお化粧のことがわからない男性からは「スッピンで会社に来るなんて!」と思われ、気合いを入れすぎると「遊びにきているのか?」といった印象を与えてしまいます。ファンデーションの厚塗りはもちろんNGです。ファンデーションはつけずにフェイスパウダーのみという方も稀にいますが、会社に行く時はきちんとファンデーションかBBクリームなど、肌色を補正してくれるものを薄く塗るのがオススメ。

オフィスメイクとして重要なのは3つ

「清潔感」「健康的」「明るさ」
スタンダードでナチュラルなメイクを!

★ベースメイク★

ナチュラルなメイクでは、肌はとても大切☆

肌は顔の印象を大きく左右するもの。仕事の前は早く寝て肌の調子を整えること。どうしても隠しきれないクマなどの肌の不調はコンシーラーで隠そう。普段すっぴん肌の人もファンデーションを使おう!

ナチュラルメイクに大事なのは肌の透明感から感じられる自然さ

ファンデーションやコンシーラーを厚く塗ってしまうと肌にお化粧感が出てしまい、色も不自然に感じられてしまいます。薄くてもしっかりと肌の色ムラをカバーしてナチュラルに仕上げるコツはベースメイクとフェイスパウダー。最初と最後をしっかりとしておくとメイクも崩れないようになりますので、ポイントとしてチェックしておいてくださいね。

★眉メイク★

眉は表情に大きく関わるパーツ

眉山の角度が急すぎるとキツイ印象になってしまうし、下がり眉だと弱気で大人しい印象になりがち。自然な眉山を描こう。眉山の目安は、黒目の端と目じりの間。眉のアーチの角度は高くなりすぎないように☆

眉毛は顔の印象を決める大事なパーツ

なので、メイクをする際のアイブロウはとっても大切。
自然な感じの眉毛は顔立ちを引き立て、好印象を与える大事なポイント。ナチュラルに仕上げてメイクの完成度をアップしちゃいましょう。

★アイメイク★

目元を派手にしすぎない事がポイント

アイシャドウはブラウンが無難。派手になりすぎなければピンクなど、明るい色を使っても大丈夫。迷ったらブラウン系の色が3、4色入ったパレットがおすすめ☆

ホワイトやベージュなどで涙袋を強調

肌に馴染む同系色の、アイホール用の薄い色、目の際用の濃い色をうまく使って自然なグラデーションを作るとナチュラルに仕上がりますよ。テクニックとして、下まぶたの目尻側にほんの少しだけ同じ色をつけると馴染みが良くなることもあります。また、ホワイトやベージュなどで涙袋を強調するとよりかわいくアイメイクができると思います。

1 2





hiramekigirl0303さん

好奇心旺盛のため、ジャンル問わず気になったことをまとめていく予定です☆彡食べるのlove♡なので食べ物系多いかも(*´•ω•`*)なるべく中身のあるまとめにしていけるように心がけたいと思います♡