1. まとめトップ

【タイ最大イベント】国中が熱気に包まれる壮絶水掛け合戦、ソンクランとは?

誰に水をかけても無礼講!4月12日から15日まで水を掛け合う凄く楽しいお祭りです。

更新日: 2015年04月11日

2 お気に入り 1988 view
お気に入り追加

今年も壮絶な水掛け祭りはじまる

タイ人が最も楽しみにしているお祭りです。もちろん、観光客にとっても最も面白いのはズバリこの時期だと思います。

壮絶な三日間です。誰に水をかけても構いません。もちろん警察官にもです。

ソンクラーンとはタイの正月で、太陽の軌道が12ヶ月の周期を終え、新たに白羊宮(おひつじ座)に入る時期を祝うもの。

タイの人にとってはソンクランが正式なお正月で、みな田舎に帰って家族で過ごします。

もともとソンクラーンには仏像や仏塔へ、さらに家族の年長者などの手に水を掛けてお清めをするという伝統的な風習があり、近年はそれが転じて街の往来で通行人どうしが水を掛けあって楽しむ「水掛け祭り」として知られるようになりました

現在は毎年4月13・14・15日の3日間に行うものとされており、タイの祝日にも定められています。

バンコクでは地方から働きに出ている人々が一斉に帰省するため、この時期街は閑散としますが、王宮周辺を中心にさまざまな催しが行われています。

歩いていると白い粉を塗られます。

白い粉を水で溶いた泥の様なものを通行している人間に対して、誰かれ構わず塗るということも行われています。

期間中に外に出ると、ホース、水鉄砲、バケツなどあらゆる手段で水を掛けられ、ずぶ濡れになります。さらに、泥みたいなやつも塗られるため顔も腕も真っ白になります。外出したら、ずぶ濡れで泥だらけになることを覚悟してください。

必須アイテム

これら3つは現地のセブン-イレブンや屋台ですぐに手にはいりますが、ウォーターバックについては安いものだと水漏れする可能性もあるので、ジップロックなどで何重にもして万が一のために備えておきましょう。

携帯やカメラは確実に濡れるので厳重に袋につめましょう。デジカメは持っていかないほうが良いです。貴重品も最低限度にしましょう。

出典ameblo.jp

タイ人から攻撃される上で一番ダメージが大きいのは氷水です。いきなり背中からかけられたり入れられたりするので、できればこっちも氷で反撃したいものです。

水鉄砲は大きければ大きいほど威力があります。せっかく参加するなら童心にもどって、大きな水鉄砲でそこら中の人に水をかけましょう。

タンクに氷を入れることで攻撃力が飛躍的に向上します。氷を入れられるぐらい口の大きいタンクがついているやつを買いましょう。

これがあると顔に水をかけられても無敵です。

バンコク 2015年4月12日から15日

水掛け祭りに参加するために来る外国人も沢山います。

水掛け合戦が盛んなのは、カオサン通りとシーロム通りです。カオサン通りでは、ファラン、日本人、タイ人などが入り乱れて水掛合戦が行われます。シーロム通りでは、イベントが行われ水掛合戦も盛んで、歩くのも難しいぐらいの人出です。カオサン通りでは、例年フライング気味で12日から水掛合戦が始まります。

顔に、すれ違う人に泥を塗られ氷水をぶっかけられとんでもなく楽しいお祭りです。

バーエリアでビールを片手に外国人と水鉄砲で打ち合いするのも最高に楽しいです。バーのお姉さん達も Tシャツにホットパンツで参戦してきます。ここで気を抜かないこと。手招きするお姉さんに誘われるままひょいひょい近づくと、後ろからバケツ一杯の氷水を掛けられたりしますよ。

1 2





seaside.seasideさん

役立つ情報を皆様にお届けします。

このまとめに参加する