1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

toumorokosiさん

足尾銅山

所在地:日光市足尾町通洞

1610年開山、1973年閉山と歴史も規模も国内最高峰。
明治18年に有望鉱脈が発見され、爆発的な発展を遂げた。
閉山後も多くの関連施設や住居がそのままの形で残され
今でもこの地域一帯に数多くの廃墟が見られる。
現在はテーマパークのような形で公開・管理されている。
廃屋や坑道での心霊現象が多く心霊スポットになっている。

鞍掛峠

所在地:宇都宮市・旧今市市

宇都宮市と旧今市市(現日光市)を繋ぐ鞍掛峠は、様々な幽霊が出没するという噂のある地元では有名な心霊スポットである。
鞍掛トンネルの完成によって、鞍掛峠に通じる山道は廃道になってしまったが、現役の頃は多くの走り屋が事故を起こし、そして亡くなったそうだ。
また、自殺者も多発する場所らしく、峠付近では殺人事件まで起きた。
そして、この峠で死んでいった彼らの霊が夜な夜な峠の廃道に現れるらしい。

矢板トンネル

所在地:矢板市倉掛

矢板トンネルは、栃木県矢板市倉掛にある廃隧道。矢板市と日光市を結ぶ東武矢板線のトンネルであったが、1959年6月30日をもって廃線となった。「矢板の化けトン」等として紹介されていることもある。
入り口はトタンで塞がれている。
心霊スポットとして知られる。

殺生石

所在地:那須郡那須町大字湯本

女に化け悪行を繰り返していた九尾の狐が退治された後、
毒を放つ殺生石になったと伝説上では言われている。
地中から有毒ガスが出ているので、危険な一帯ではあるが
歩道が整備されており人気の観光スポットになっている。
日中はただの観光スポットだが誰もいない夜は一変する。

都賀病院

所在地:下都賀郡都賀町

都賀病院の幽霊的な噂として、病院の元院長の幽霊、男の子の幽霊、中でも一番有名な噂は、病院内にいると突然「ドーン」という大きな音がするそうだ。
漆黒の真夜中、田園地帯の小高い丘にひっそりと佇む病院は、否応なしに不気味な雰囲気を醸し出している。

華厳の滝

所在地:日光市

言わずと知れた日本一有名な自殺の名所。
ダイバーが滝壷を水中撮影したら、藻のように絡まった頭髪が揺らめいていたとか・・・
地縛霊がとても多いと言われている。
はっきりいって霊の吹き溜まりで関東内では一番心霊写真が写りやすいらしい。
100枚のうち1枚ははっきりとした霊体が写っているという。
中には下半身のない子供の霊が移った心霊写真も撮れたとも
心霊写真を写したいなら決して遊び半分では写さない方がいい。
引きずり込もうという霊たちの邪悪な念を感じ、憑依される可能性があり。
ここに深夜に車で行ったときライトが消えたり携帯がおかしくなったりしたという体験談もあり。

東洋診療所

所在地:小山市

心霊スポット・病院廃墟などとして有名な東洋診療所。窓から下を悲しげに見下ろす霊の噂が有名。そこに病院の廃墟があれば必然的に心霊スポットになってしまうだろう。若者の魔法の言葉「マヂ・ヤベェ」によってたちまち噂は広まり、荒らされてしまった。

大瀬橋

1 2