1. まとめトップ

【東京喰種(トーキョーグール)】CCG捜査官一覧【ネタバレ注意】

※法寺特等更新。週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の東京喰種に登場するCCG捜査官一覧です。画像には過激な描写、ネタバレ内容も含まれますので閲覧は自己責任でお願い致します。

更新日: 2017年02月27日

63 お気に入り 1273870 view
お気に入り追加

日本刀のようなクインケ「銀髑髏(羽赫)」を使用。流島ではミザとの戦闘において能力を発動、撃退している。ミザより「布間を裂くような繊細な剣閃き」とクインケ操術を評されている。

【黒磐 武臣】

『:re』から登場した男性捜査官。9月6日生まれのおとめ座。血液型B型。黒磐巌の息子であり、ウリエの同期。若いながらもSSレート喰種の攻撃に対応する技量を持ち、倉元からは「特等の遺伝子」「ブジン」などと呼ばれている。佐々木に憧れており、任務とはいえ刃を向けたことを悔いて謝罪を望んだり、手ほどきを受けたいと素直に告げるなど、無骨実直な性格は父親譲り。クインケは尾赫の[ツナギ〈hard〉]。

特等の息子だけありSSレートのハイセに一撃を加えるなど既に能力は一線級。

【陶木 陽菜】

オークション編で登場。阿藤班として喰種化した滝澤と対峙するが阿藤が惨殺されたことで戦意喪失。喰種が滝澤であることに気づきアカデミー時代のことを話しかけるが体を貫かれ死亡。

【久木山】

陶木と共に阿藤班に所属していたが阿藤の死を見て戦意喪失。目の前で陶木を惨殺され失禁。その後頭をもぎ取られ死亡。

【田方 エレナ】

大芝班所属の女性。ナッツクラッカーと交戦し壊滅状態になった中で捕らわれる。最後は顔面から捕食され死亡。

【沼 淳】

「三枚刃」ことミザとの交戦により赫子に切断され死亡。

【安浦 晋三平】

クインクス新メンバー。叔母に女性初の特等捜査官である安浦清子をもつがアカデミーでの成績は優秀なものではなかったらしく、旧多からは今後に期待とされるにとどまっている。内臓フレームやクインケは不明。

【小静麗】

クインクス新メンバー。台湾からの来日で庭出身。ハイルに次ぐ才能を持ち格闘戦においては右に出るものはいなかったほど。内臓フレーム、クインケは不明。

【髯丸 トウマ】

第一アカデミージュニア特待生。アカデミーに進学する前にQs適性があるとわかり、Qs施術を受けた模様。内臓フレーム、クインケについては不明。

◆一等捜査官

【車谷 東吾】

嘉納の隠れ処への突入に参加した男性捜査官。篠原の指揮下で磯山と共に行動している。クインケは羽赫の[アブラガマ]。

【穂木 あゆむ】

梟討伐作戦から登場した女性捜査官。幼い子供のような体躯をしており、長く伸ばした頭髪で頭部全体を隠している。鉢川、平子、伊東とともにカヤと交戦。俊敏で正確な攻撃を得意とする。
『:re』でも鉢川と共に登場した。

vsカヤ戦、vs梟(エト)で戦闘描写あり。俊敏でアクロバティックな動きで攻撃するのが持ち味。梟の攻撃を初見で回避するなど能力は高い。使用クインケについては現在不明。

【伊東 倉元】

所属平子班副班長 CCG一等捜査官 (71期)第六アカデミージュニア
誕生日11月11日
血液型o型
身長171cm
体重60kg
Qulnqueセンザ(甲赫Rate/A)
Respect平子丈 有馬貴将

梟討伐作戦から登場した男性捜査官。11月11日生まれのさそり座。血液型O型。糸目の青年。平子班の一員であり、鉢川、平子、穂木とともにカヤと交戦。カヤからは「そこそこのパワーと機転が利く」と分析されている。

穂木と同じくvsカヤ、vs梟戦にて戦闘描写あり。ハイセとの絡みでは上等を目指していることを告げ、出世欲は強いようだ。平子班の中枢を担う人物でもあり実力は高い。

オークション編後上等捜査官へと昇格している。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10