1. まとめトップ

【東京喰種(トーキョーグール)】CCG捜査官一覧【ネタバレ注意】

※法寺特等更新。週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の東京喰種に登場するCCG捜査官一覧です。画像には過激な描写、ネタバレ内容も含まれますので閲覧は自己責任でお願い致します。

更新日: 2017年02月27日

63 お気に入り 1274552 view
お気に入り追加

○アラタproto(甲赫)
vs梟戦(芳村)で篠原と共に使用。

○クロイワspecial(鱗赫)
vs梟戦(芳村)戦で使用。大型のクインケ。

○アラタ(甲赫)
vs梟戦(芳村2回目)で篠原と共に使用。

【田中丸 望元】

2区担当の男性捜査官。2区の支部長として、捜査官の職務と2区の統括役を兼任している。「ンン…ボーイ」が口癖。戦闘時にはクインケ名を叫ぶことが多く、戦いを喜劇として捉えている。梟討伐作戦では第二隊の隊長を務め、古間と交戦する。
クインケは衝撃波のような赫子を発生させ、モードの変更で遠近両用で対応できる羽赫[ハイアーマインド(高次元精神領域)]もしくは[天使の羽ばたき(エンジェルビート)]。

○ハイアーマインド(高次元精神領域)もしくはエンジェルビート(天使の羽ばたき)(羽赫)

vs魔猿戦で使用。モードチェンジにより遠近両用の超質量のビーム??を発射。魔猿を撃破するがその後現れたカネキに破壊される。

vs梟戦(エト)で見せたスペアクインケ。遠距離タイプであり羽赫だと思われる。

【安浦 清子】

1区担当の女性捜査官。初の女性特等捜査官で、多くの女性捜査官からの羨望を集めている。真戸呉緒上等夫人・真戸微とは同期にあたる。

⚪︎是毘図(ぜびず)(羽)レートS+
追尾型のロケットランチャーのような攻撃を行う。
コクリア戦ではアヤトに瀕死の重傷を負わせる。
また近距離用として二刀のブレード型への変形が可能。

【灰崎 深目】

対策Ⅱ課所属の男性捜査官。コクリアの監獄長。アオギリの樹のコクリア襲撃による前任者の失態を経て副監獄長から昇進した。過去には尋問官を務めている。
コクリア戦において混乱に乗じて脱走したドナートによって殺害される。

戦闘描写はなく使用クインケは不明。

【丸手 斎】

出典prcm.jp

対策Ⅱ課所属の男性捜査官。嫌味な性格で、自慢するために職場へハーレーで乗り付けたり、他者を見下す発言や陰口を繰り返すため、局員たちからの印象はあまりよくない。クインケを「オモチャ」と称し嫌っているが、喰種にアサルトライフルで正確な射撃を行うなど戦士としての実力は確かである模様。アオギリの11区襲撃事件に対処する11区特別対策班の指揮官を務めるが、23区の喰種収容所の襲撃を予測しなかった。梟討伐作戦では副指揮を務める。

ヒデからの情報提供により和修局長にグールの疑いを問うた後に発砲。それによりグールであることが判明した局長との戦闘に発展したが詳細な描写はなし。
戦闘後の局長に突き刺さったクインケが丸出のものであるなら大型のクインケだと予想される。
なお、本人の生死は不明。

【有馬 貴将】

所属CCG本局所属、特等捜査官 24区捜査指揮
誕生日12月20日
星座いて座(カネキと同じ)
血液型?型
身長180cm
体重82kg
足のサイズ27.5cm

喰種対策局(CCG)に所属する喰種捜査官の一人。
多くの逸話を持つエリート捜査官で、少年期からすでに天才であった。
CCG総議長・和修常吉に見出され特別に入局、そこから異例のスピードで特等捜査官にまで昇格した。
左右の手で別々のクインケを自在に扱える芸達者であり、
新人時代にSSS級レート喰種「隻眼の梟」の撃退に貢献するという手柄を上げる。
「梟」戦では貴重な強力クインケを惜しげもなく使い捨て、瞬時に別のものに切り替えながら戦っており、
新人時点で既に冷静な状況判断力と思い切りの良さを兼ね備えていることが伺える。

○ユキムラ1/3(甲赫)
CCGより支給され、高校生時代に使用。JACK]で登場している。レートはB。
平子に譲られ、後にハイセが使用している。

○IXA(イグザ)(甲赫)
レートS+のクインケ。
ランスモードでは攻撃、シールドモードでは防御を担うバランスの良い変形ギミックを持つクインケ。
ただし、防御壁をムカデに損傷させられたためか隻眼の梟戦では使用していない。
遠隔起動で手元から離れても遠隔操作出来る等、非常に便利なクインケ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10