1. まとめトップ
  2. おもしろ

この見た目でカラスなの!?奄美諸島にしかいないルリカケス

奄美大島にいるカラスの仲間がめっちゃ綺麗だったので、調べてみました。

更新日: 2015年10月18日

169 お気に入り 92466 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

beeeeeeeerさん

綺麗な鳥!

顔が紺色、体が赤茶色、足が水色でしょうか

つぶらな瞳。あごしたの毛もおしゃれ。

この鳥の名前は

”ルリカケス”

【鹿児島の野鳥トリビア】鹿児島県の県の鳥はルリカケスです。もちろん奄美大島、加計呂麻島、請島の固有種ですからそこに行かないと見られない貴重な鳥です。

「ルリカケス」と言います

全長38センチメートル、体重170-196グラム。

そこそこ大きい

食性は雑食で、昆虫、クモ、爬虫類や両生類、鳥類の卵、果実、種子などを食べる。

「カケス」はカラスの仲間

ハトより少し大きいカラス科の鳥です。

スズメ目カラス科カケス属
そういわれてみればシルエットがカラスに似てるような気もする

奄美諸島にしかいません

奄美大島と徳之島だけに生息する日本の固有種で、天然記念物に指定されています。

日本(奄美大島、加計呂麻島、請島)固有種。

前述と場所が少し違いますが、ともに奄美大島周辺です

奄美諸島周辺だけクローズアップするとこんな感じ。
前述に従うと、生息しているのは奄美大島、加計呂麻島、請島、徳之島。

そして絶滅が危ぶまれていた

過去には羽毛目的や標本目的の乱獲、現在は開発による生息地の破壊、人為的に移入されたノネコやフイリマングースによる捕食などにより生息数は減少している。

分布が奄美大島と近隣に限られ、従来は、生息環境の森林伐採が進み、侵略的外来種のマングースによる捕食が報告されて個体群の縮小が懸念され、VU とされていた。

されていた?

が、国指定の絶滅危惧種からははずされる

ルリカケスの環境省レッドリストランクの推移
○第1次(平成 3 年):危急種(V)
○第2次(平成 10 年):絶滅危惧Ⅱ類(VU)
○第3次(平成 18 年):ランク外
○第4次(平成 24 年):ランク外

環境省のレッドリストによると、1998年版には「絶滅危惧II類」(絶滅の危険が増大している種)に記載されていたが、2006年版と2012年版では記載がなくなる。

過去、生息数が減少し絶滅危惧Ⅱ類(VU)(危急種)に分類されていましたが、現在は対策がとられ、絶滅危惧種からは外されています。

森林伐採は低下し、気候に恵まれて森林の更新が活発なこと、2000 年から実施されたマングース防除事業が成果をあげていること、任意観察とセンサス調査の結果から生息域全体で常時生息と繁殖が確認されることなどから、すぐに絶滅が懸念され、緊急対策が必要な状態ではなくなったと判断された

ただし、天然記念物なのは変わらず

天然記念物に指定され、保護のおかげか、少しずつ数は増えてきているようです。でも、まだまだ油断はできません。

日本では2園だけでしか見られない!

1 2