1. まとめトップ

古河 建築さんぽ+寄り道カフェ

上野・新宿からJR宇都宮線で約一時間、関東平野のほぼ中央に位置する茨城県古河市。古くからの城下町で風情のある町並みが特徴です。当初の姿をしのびつつ風格のある町並みに合わせた現代建築や、市内に点在するカフェでひと休みが楽しい小旅行お勧めプランをご紹介します!

更新日: 2015年04月30日

7 お気に入り 6666 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kuriokowaさん

古河市ってどんな所?

古河市の場所
 関東平野のほぼ中央、茨城県の西端に位置する古河市は、西側が埼玉県、北側が栃木県と接しています。

東国一円の重要拠点だった古河
古くは万葉集にも登場、河川交通の要所として、江戸時代には譜代大名の城下町、日光街道の宿場町として栄えてきました。足利氏とのつながりも深く、中世東国社会の政治文化において重要な位置を占めてきた古河公方の拠点として知られています。

江戸時代
徳川幕府により譜代大名11家がめまぐるしく交替し、古河城は徳川将軍が日光東照宮参拝の折の宿泊場所にもなりました。また、奥羽街道・日光街道の宿場町としても発展しました。現在も市内各所に武家屋敷や商家の町割、由緒ある神社仏閣があって、当初の風格がしのばれます。

江戸時代、旧武家屋敷の土塀が一部残っています。

●順路1 篆刻美術館

大正9年(1920年)に建てられた商家の3階建ての石蔵を改修した、日本初で唯一の篆刻の専門美術館。

竣工:1991年
設計:松井郁夫建築設計事務所

目立つ外観ですが内部空間も凝った意匠で大変見応えがあります。
奥にある建物も蔵を再利用したもので、こちらも展示スペースに使われています。

篆刻美術館
中央町2-4-18
入場料: 一般 200円/小中高生 50円
休館日:国民の祝日の翌日、毎月第4金曜日(館内整理日)、年末年始
http://culture.city.ibaraki-koga.lg.jp/tenkoku/

●順路2 永井路子旧邸

作家の永井路子が幼少時代から青春時代を過ごしたという建物。
江戸時代末期に建てられた建物で、道側から見ると土蔵(店蔵)2階建、切妻平入りで背後は平屋の木造家屋となっています。
1階の前面は下屋として前に張り出し、軒瓦は高く積み上げられ3重の軒蛇腹を持っています。

背後にある家屋部分は大屋根で、複雑な屋根構成になっています。こちらは図面を元に修復した部分だそうです。

中でお茶もいただけます。お庭も見えていい雰囲気です。

永井路子旧邸
中央町2-6-52
入館料:無料
休館日:国民の祝日の翌日(土・日を除く)・年末年始
    館内整理日(毎月第4金曜日、ただし祝日を除く)
http://www.kogakanko.jp/top.php?ID=17&cID=10#more

●寄り道  美よしの  ~食べ歩き

●寄り道  肴町 米銀  ~食べ歩き、お土産探し

お米が美味しいお弁当やさん。自家製のお惣菜や和菓子も素材にこだわっていて安心・おススメです!

●順路3 お休み処 坂長

江戸時代に両替商として栄えた『坂長』の店蔵を中心に、古河城遺構として歴史的に価値のある建物を移築、改修して生まれ変わらせた複合施設。
敷地内には店蔵(旧古河城文庫蔵)、袖蔵(旧古河城乾蔵)、文庫蔵、石蔵、中蔵、主屋があります。

竣工:2012年
設計:伝統技法研究会

敷地内の建物はミニギャラリーやホール、資料室、レストランや古河市のアンテナショップとして活用されています。
中庭もイベント会場として使われていて、近隣の作家さんの手づくり市や、野菜のマーケットが開かれることもあります。

古河のお休み処 坂長
古河市中央町3-1-39 
入場料:無料
休館日:年末年始   泉石亭:毎週水曜定休
http://sakacho.com/

●寄り道  泉石亭  ~カフェ・ランチ

坂長の中にあるカフェ『泉石亭』は大谷石の壁と大きな窓に囲まれた開放的な空間で、専属バリスタこだわりのコーヒーや古河ゆかりの蘭学者、鷹見泉石にちなんだオランダ料理などが楽しめます。

※2015年4月にカフェは閉店になりました。
こちらの建物は休憩所として利用されていますので、中に入ることはできます。

●順路4 古河文学館

古河ゆかりの作家、永井路子氏の展示室とサロン、コンサートの出来る小ホール、隣接してレストランのある文化施設。
カネ勾配の切妻屋根が連なった美しい建物です。

竣工:1998年 
設計:吉田桂二

内部空間は木造立体トラスが荘厳な雰囲気を作っています。こちらは結婚式のパーティー会場としても使用されています。

古河文学館
中央町3-10-21
入館料:大人200円・子ども50円 
休業日:月曜・第4金曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日
http://culture.city.ibaraki-koga.lg.jp/bungaku/index.html

1 2