1. まとめトップ

【新常識】動画はパワポで作成!作成方法の紹介と、サンプル動画TheBest!【パワーポイント】

普段何気なく使っているパワーポイント(PowerPoint)。実は動画も作れちゃうんですよ。まだあまり知られていない機能なので、誰より早く、使い方を覚えちゃいましょう。パワーポイントで作成された、かっこいい動画、すごい動画を紹介していきます。

更新日: 2017年09月24日

25 お気に入り 154699 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dee3さん

パワーポイント(PowerPoint)での動画作成方法について。

このまとめでは、パワーポイントで作成された動画の紹介がメインになります。
動画の作成方法については、別のまとめ記事に書きました。
極力シンプルにまとめたつもりですので、ぜひ一度ご覧ください。
より理解が深まると思います。

動画作成のための簡単な予備知識。

詳しくは上記のまとめを見てもらうとして、最低限の情報をまとめておきます。

■必要なもの
・パワーポイント(2010以降のもの)
⇒動画として保存する際に必須。

■あると便利なもの
・Window ムービーメーカー(Microsoft産のフリーソフト。)
⇒パワーポイントで作成した動画を繋げたり、音を加えたりする際、ものすごく便利。

■おおざっぱな手順
(1)パワポで動画の元となるスライドを作成(この時点では2003や2007でもOK)。
(2)作成したスライドを動画に変換(ここで2010以降のものが必要)。
(3)必要に応じて、ムービーメーカーで編集。

一見は百聞にしかず!すごいサンプル動画たち。

早速サンプル動画を見てみましょう。
多くの種類を見ていただけるように、なるべく短いものを載せています。

思ったよりもシンプルに作成できるのに、思ったよりも質の良い動画ができてしまう。
仕事でもプライベートでも、使いどころ盛りだくさん!

これは・・・新しい。。
個人的には一番衝撃を受けた作品。
書籍も多く出版している人が作成した動画のようです。
誰もが使うソフトで、ここまでできるものなんだなぁ。

線が伸びていく動きが、動画を際立たせていますよね。
かっこいい!

こういう動画こそ、パワーポイントの力を発揮しやすいかもですねー。
パーツがはっきりと分かれていて、1つずつ動くから、制御しやすそう。
それでいて、めちゃくちゃかっこいい!!
それにしても、一番最初のところ、どうやって作ってるんだろう?

これは・・・。
パワーポイントといわれても、本当なのか疑ってしまう。

業務として、パワーポイントによる動画作成を行っている会社が作成したもの。
5分と少し長めですが、ビジネスにおいて動画をどのように使うかを紹介してくれています。

3分とちょっと長めの動画ですが、わかりやすかったので紹介。
パワーポイントの機能を存分に使ってますね。

作りこんでます。
こんなの見せられたら、感動ですよね。

アイデア次第でこんなのも作れるんですねー。
かなりリアルでびっくりしました。

シンプルな作りだけど、魅せる。
無駄なエフェクトを排除していて、文字がすんなり入ってきます。

番外編

このまとめの主旨とは少し外れますが、参考になる動画を紹介します。

パワーポイントのアニメーションエフェクトについて動画にしてくれています。
普段スライドを作る際に、それほど多く使うことはないと思いますが、
いろいろなエフェクトが用意されているんですよね。
どんな動かし方があるのか、一度見ておくとイメージが付きやすいと思います。

効果音付のカウントダウンムービーサンプル動画です。
パワーポイントの「スタイル」機能を利用し、ワンクリックで見た目を変更。
他の動画と比較すると地味目なので、番外編での紹介にとどめました。
でもとても勉強になります。

パワーポイントで作成したものではないかと思いますが、おもしろかったので紹介。
何回でも見たくなる!
才能の無駄遣いとは、まさにこのことなのではw

まとめ。

多くの人が使うパワーポイント。
動画作成用の専門ソフトではありませんが、
使い方によって、こんなにも高品質な動画が作成できるんですね。

高価なソフトはもちろん、フリーでも動画作成ソフトは多く存在します。
機能も様々なものが付いているでしょう。

でも機能がすべてではありません。
軽快に動くことや、使いこなせることが重要になります。

パワーポイントは、その点で非常に優れています。
フリーソフトと異なり、職場での使用にも制限がないでしょう。
また、既存のパワーポイントのスライドを、そのまま使用できます。
これは非常に便利ですよね。

会社説明会や新人研修で使ったスライドが眠っていませんか?
これらを動画にし、宣伝として会社のモニターで流すのも悪くないかもしれません。
パワーポイントは、日常の隙間を、そっと埋めてくれるツールの1つだと感じました。

最後までごらんいただき、ありがとうございました。

1