1. まとめトップ

【マンガ】 ONE PIECEの登場人物 一覧 全180キャラクター (画像、年齢、能力など)

漫画ワンピースの登場人物全180キャラクターの画像、年齢、誕生日、能力などについてまとめました。

更新日: 2015年04月13日

56 お気に入り 3134041 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

麦わらの一味

海賊「麦わらの一味」船長。異名は「麦わらのルフィ」。夢は「ひとつなぎの大秘宝」を見つけて海賊王になること、シャンクスとの再会。「東の海(イーストブルー)」のフーシャ村出身。
超人(パラミシア)系悪魔の実「ゴムゴムの実」の能力者で、全身を自在に伸縮させられるゴム人間。常にかぶっている麦わら帽子がトレードマーク。左目の下に傷があり、新世界編からは胸に大きなX字形の傷跡がある。一人称は「おれ」。

海賊「麦わらの一味」戦闘員[注 1]。異名は「海賊狩りのゾロ」。「東の海(イーストブルー)」のシモツキ村出身。
ルフィの最初の仲間。両手の二刀に加え、三本目の刀を口にくわえて振るう「三刀流」の剣士。世界一の剣豪を目指している。クールでストイックな武士道精神の持ち主。緑色の頭髪や腹巻が特徴。強敵と勝負する際には、普段は左腕に巻いている黒手拭を頭に巻く。ミホークとの戦いで左胸から右腹部にかけて傷を負い、新世界編からは左目にも傷がある。

海賊「麦わらの一味」航海士。異名は「泥棒猫」。「東の海(イーストブルー)」のコノミ諸島・ココヤシ村出身。
ルフィの2人目の仲間。元は海賊専門の泥棒。お金・お宝に目がない。オレンジ色の髪と左上腕部のタトゥーが特徴の、才色兼備の美女。新世界編では髪が伸び、ウェーブがかかったロングヘアーになっている。夢は、自分の目で見た世界中の海図を描くこと。

海賊「麦わらの一味」狙撃手。異名は「〝狙撃の王様〟そげキング」、「〝ゴッド〟ウソップ」。「東の海(イーストブルー)」のシロップ村出身。
ルフィの3人目の仲間。赤髪海賊団狙撃手ヤソップの息子。母バンキーナ譲りの長鼻が最大の特徴。臆病でお調子者ながら、器用で口八丁な射撃の名手であり、その手腕は仲間からも一目置かれる。父のような「勇敢なる海の戦士」を目指している。

海賊「麦わらの一味」コック。異名は「黒足のサンジ」。「北の海(ノースブルー)」出身。
ルフィの4人目の仲間。黒いスーツと、金髪にくるりとした左右非対称の眉毛が特徴で、常に煙草をくわえている。左目は常に髪で隠していたが、新世界編からは髪の分け目が逆になって右目を隠すようになり、口髭を生やしている。コックの命である手を傷つけないように、足技で戦う。無類の女好き。伝説の海「オールブルー」を探す。

海賊「麦わらの一味」船医。異名は「わたあめ大好きチョッパー」。「偉大なる航路(グランドライン)」のドラム島出身。
ルフィの5人目の仲間。動物系悪魔の実「ヒトヒトの実」を食べた「人間トナカイ」。人獣型、人型、獣型に変形が可能で、人語を話せる。何でも治せる医者を目指している。

海賊「麦わらの一味」考古学者。異名は「悪魔の子」。「西の海(ウエストブルー)」のオハラ出身。
ルフィの6人目の仲間。クールで頭脳明晰な美女。新世界編では、伸びた髪をオールバックにし、サングラスをかけている。超人系悪魔の実「ハナハナの実」の能力者で、身体の一部をあらゆる場所から花のように咲かせることができる。歴史上の「空白の100年」の謎を解き明かすため旅をしている。情報・情勢に通じているので、一味の中では知的な場面で重要な役割を担う。初登場時は秘密犯罪会社「バロックワークス」の副社長で、ルフィたちの敵だった。

海賊「麦わらの一味」船大工。異名は「鉄人(サイボーグ)」。「南の海(サウスブルー)」出身。「フランキー」は愛称で、本名はカティ・フラム。
ルフィの7人目の仲間。水色のリーゼントヘアーが特徴で、サングラスをかけている。改造人間(サイボーグ)であり、体内には様々な武器が内蔵されている。新世界編では、自身に改造を施し、さらに人間離れした姿になった。両腕を大型の機械に改造、両肩にはBF-37の文字を刻み、ヘアスタイルは坊主に変えた。自分の作った船に乗り、その船が海の果てに辿り着くのを見届けることが夢。子供の頃から常にアロハシャツと海パン一丁で、やたらとポーズを決めたがる。

海賊「麦わらの一味」音楽家。異名は「鼻唄のブルック」「ソウルキング」。「西の海(ウエストブルー)」出身。
ルフィの8人目の仲間。死亡しても一度だけ蘇生できる超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者であり、白骨化した体で蘇ったガイコツ男。アフロヘアーの剣士。リヴァース・マウンテンで別れたクジラのラブーンとの再会を誓う。船長であるルフィを一味の中でも非常に慕っている。

赤髪海賊団

赤髪海賊団大頭。四皇の一人。元ロジャー海賊団見習い。
赤髪と左目の3本傷、黒いマントが特徴の隻腕の剣士。ルフィが海賊に憧れるきっかけとなった人物。異名は「赤髪のシャンクス」。普段は能天気に見えるほど大らかで、自分への嫌がらせは平気な顔で見過ごすが、自身の友や仲間を傷つける者には強い怒りを露にする。大海賊としての圧倒的な風格を併せ持ち、海軍のセンゴクからも一目置かれている。五老星からは「暴れさせればこそ手に負えんが、自分から世界をどうしようという男でもない」と評されており、世界を自分の目で見て回ることが望みと語っている。「覇王色の覇気」の持ち主。西の海出身。

赤髪海賊団副船長。
冷静沈着な切れ者で、少し抜けたところがあるシャンクスを的確に補佐する。作者曰く、作中最もIQが高い人物(第8巻時点)[6]。武器は片手用のライフル銃で、接近戦にも用いる。フーシャ村にいた当時は黒髪だったが、現在は白髪になっており顔には十字傷がある。喫煙者。誕生日は11月9日[5]。
頂上戦争では黄猿に銃を向け、攻撃を制止した。

赤髪海賊団幹部。ウソップの父親。
息子同様射撃の名手。ルフィは彼が的を外すのを見たことが無く、本人は「蟻の眉間にもぶち込める」と豪語する。武器はライフル銃。鼻以外はウソップとよく似た顔立ちで、ドレッドヘアーが特徴。誕生日は8月2日。
22年前、シロップ村でシャンクスに勧誘される。ウソップの誕生後に幼い彼と妻バンキーナを残し、海へ旅立った。妻子からは誇りに思われており、彼自身も村に残してきた息子のことを気にかけ、よくルフィにウソップの話を聞かせていた。

赤髪海賊団幹部。
常に骨付き肉を食べている、肥満体の大食漢。普段は陽気だが、戦闘時には躊躇なく銃を発砲し、相手を射殺する。誕生日は7月6日。

赤髪海賊団新入り。懸賞金9400万ベリー。誕生日は6月9日。
シャンクスから白ひげへの使者となった男。入団前から多少名を馳せていたと主張したが、白ひげやマルコには全く相手にされなかった。

白ひげ海賊団

大海賊時代の頂点に君臨する「世界最強の海賊」。かつて、海賊王ゴール・D・ロジャーと唯一互角に渡り合い、現在では「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」に最も近い存在とされ、その伝説的・怪物的な雷名は世界中に轟いている。三日月のような白い口ひげを蓄えた、常人の数倍はある体躯の筋骨隆々の大男で、地肌に直接コートを羽織っている。笑い声は「グララララ」。享年72歳。

白ひげ海賊団1番隊隊長。
パイナップルのような髪型をした細身の男。胸に第2の白ひげ海賊団のマークを入れている。実力・人格ともに申し分ない白ひげ海賊団の事実上のNo.2で、白ひげや他のクルーからの信頼は厚い。20年以上前から白ひげ海賊団に所属している古株の一人。異名は「不死鳥マルコ」。自分たちのことを息子と呼んでくれる白ひげに大恩を感じている。語尾に「 - い」「 - よい」と付ける癖がある。誕生日は10月5日(「1」番隊隊長マルコ=05)。

白ひげ海賊団2番隊隊長。ルフィ・サボの義兄弟。海賊王ゴール・D・ロジャーの息子。懸賞金5億5000万ベリー。
オレンジ色のテンガロンハットを被り、上半身裸にハーフパンツ、赤い首飾りを身に着けている青年。異名は「火拳のエース」。顔には母譲りのそばかすがあり、背中には白ひげ海賊団のマーク、左腕には「ASCE」と書かれたタトゥーを入れている。根本はマイペースかつ自由奔放だが、ルフィと違い礼儀正しい常識人であり、世話のかかる弟のことを何かと気にかけている。食事の途中で突然寝るという癖がありまた、食い逃げの常習犯でもある。南の海・バテリラ出身。ルフィより3歳年上で、享年20歳。

鎧を身につけた巨漢。20年以上前から白ひげ海賊団に所属している古株の一人。異名は「ダイヤモンド・ジョズ」。誕生日は11月11日。
身体をダイヤモンドに変化させられる悪魔の実の能力者。高い防御力を持ち、超人的な怪力とスピードを生かした攻撃が持ち味。「武装色の覇気」の使い手。
頂上戦争では開戦直後にミホークの攻撃を阻止し、その後クロコダイルと交戦した。

元白ひげ海賊団4番隊隊長。
リーゼント気味の髪型が特徴の男。人当たりの良いフランクな性格。アニメでは二刀流の剣士。誕生日は3月24日。
「ヤミヤミの実」を手に入れたことで、それを狙っていたティーチに殺害された。
名前の由来は、黒髭の偽名の一つであるエドワード・サッチ。

白ひげ海賊団5番隊隊長。
20年以上前から白ひげ海賊団に所属している古株の一人。シルクハットと口ひげが特徴の、二刀流の剣士。異名は「花剣のビスタ」。その実力は世界最強の剣士ミホークにも高く評価されている。「武装色の覇気」の使い手。誕生日は2月5日。
頂上戦争ではルフィの助太刀に入り、ミホークと暫くの間、剣戟を繰り広げた。エースが致命傷を受けた際には、マルコと共に赤犬と交戦した。

白ひげ海賊団6番隊隊長。
オーバーオールを身につけた太めの男。胸にあるつぎはぎのポケットから、巨大なハンマーを出して戦う。誕生日は2月5日。

白ひげ海賊団7番隊隊長。
目や口がついたチェーンハンマーを扱う、ドレッドヘアの男。誕生日は9月8日。

白ひげ海賊団8番隊隊長。
首の左に「8」の文字を入れた魚人。誕生日は7月6日。

白ひげ海賊団9番隊隊長。
巨人ほどではないが白ひげをも超える巨体を持つ、弁髪の男。誕生日は8月6日。氷漬けにされたジョズを運んだ。

白ひげ海賊団10番隊隊長。
二丁のバズーカを背負った、メガネの細面な男。誕生日は9月12日。
頂上戦争では湾内でモリアと対峙した。終盤では赤犬の攻撃に倒れた。

白ひげ海賊団11番隊隊長。
右胸に入れ墨があるボブヘアーの男。両腕にナックルダスターのようなものを付けている。誕生日は11月13日。

白ひげ海賊団12番隊隊長。
一刀流の剣士。大柄な隊長たちの中では常人程度の身長。誕生日は2月4日。

1 2 3 4 5 6 7