1本の竹は、300もの筍を産むと言われています。しかし、その8割は日の目を見ることなく、土中で朽ちていきます。

竹は夏を終えると、すぐに次の命を育みだしますが、気温が15度くらいにならないと、地上に現れることはありません。

気が付かないだけで、竹林の土中では猛烈な数の筍が生まれては朽ちていきます。

出典『早掘り筍』 鹿児島県産 2Sサイズ 約2kg(21〜24本入) | 築地市場ドットコム

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

今が旬!早堀りタケノコは美味い!!

“黄金のくちばし”の異名を持つ鹿児島県産タケノコ。山に生えるタケノコを採るのではなく、丹念に土や竹林を手入れしてタケノコを育てる栽培方法を取り入れている。刺し身でも食べられるほどエグ味が少ないタケノコを生み出すこだわりに、口にする誰もが感嘆の声を上げるそうだ。食べてみたい…。

このまとめを見る