1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

100メートル先で数倍の汚染があったりするのはザラなのに・・・

検査なんてされてないも同然。

食用野生キノコについて、今季2回目の放射性物質検査を行い、サンプリングした11検体のうち、2検体から食品衛生法で定める1キログラム当たり100ベクレルの基準値を超える放射性セシウムが検出されたと10日発表した。

 3市町村は野生キノコの出荷制限区域。

 基準値超のセシウムが検出されたのは、富士吉田市のショウゲンジ(220ベクレル)と富士河口湖町のタマゴダケ(120ベクレル)。他のアンズタケ、オオモミタケ、マツタケなど9検体は基準値を下回っているが、県では放射性セシウム濃度が安定して基準値を下回ることが確認されるまでは、基準値以下であっても出荷制限区域内の野生キノコについては採取、出荷、摂取の自粛要請の対象としている。

1