1. まとめトップ
  2. 雑学

一体どちらを受診すれば...心療内科と精神科の違いとは?

心療内科と精神科は一体何が違うのでしょうか?

更新日: 2015年04月13日

bc.pikoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
519 お気に入り 253369 view
お気に入り追加

心療内科と精神科の違いってなんだ?

もしも、こころの病気について専門機関に相談することになったら精神科と心療内科、どう選べばいいのでしょうか?

心の病気に対応してくれそうな名前の診療科には、「精神科」「神経科」「心療内科」「神経内科」「カウンセリング」など似たようなものが多く、どの科へ行くべきか分かりませんよね。

精神科とは?

簡単に言いますと、精神科と神経科は同じ。うつ病、不安障害といった心の病気全般が専門です。

「精神科」は「こころ」の症状や病気を扱う科であり、「こころ」の病気そのものを治療します。

例えば、強い不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想といった症状です。精神科は、躁うつ病、統合失調症など、主に精神的な症状が強く現れる精神障害の治療を行います。

心療内科とは

心療内科は、こころの病気がきっかけとなって体にも症状が現れた場合、その症状や病気を治療するところです。

心療内科は主に心身症を扱います。心身症とは体の病気のことですから、体の症状がメインです。

▼具体的には

朝がつらく仕事にいけない
・動悸、息苦しさがある
・めまいがする
・下痢、便秘が続く、尿の回数が多い
・体が疲れやすい、疲れがとれない、肩がこる

例えば、強い動悸(心臓がドキドキ打つ)が続いたり、お腹の具合が悪くなったり(下痢・腹痛)、血圧が高くなる、喘息の症状が現れてくるといったことがあります。

それで内科の病院を受診して色々な検査をしても、「全く異常ありません」と言われて帰ってきたが、その後も症状はずっと続いているといった場合です。

病気に対して、心身両面からアプローチするわけですが、どちらかというと心の病気よりも、体の病気を治療することがメインになるようです。

こころの症状を診断してほしい場合は精神科、こころの病気がきっかけで体に症状が現れている場合は、心療内科での診断が適切となります。

中には混同してしまっている病院も

よく町の開業医(クリニック)で、「心療内科」という標榜がなされていても、実際は精神科である、ということがあります。

なぜそうなるのかというと、「精神科」とすると敷居が高く、患者さんが来にくいからということのようです。

看板だけから判断しにくい場合は、直接に電話して、どんな病気を診ているのか確かめるか、インターネット等で予め調べることをお勧めします。

1