1. まとめトップ

【スペイン】白雪姫の舞台のモデルになった「アルカサル城」が美しすぎる

白雪姫のモデルとなった「アルカサル城」の美しさをご紹介します。

更新日: 2015年04月13日

0 お気に入り 4196 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

DJDJDJDさん

スペイン・セゴビアにあるアルカサル

「セゴビア旧市街と水道橋」の一部としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

「アルカサル」とはスペイン語で「お城」

アルカサル(Real Alcázar de Sevilla)は、スペインのセビリアにあるスペイン王室の宮殿である。

崖に建てられたセゴビアのアルカサルは全面に堀があり城塞として利用されていました。

中世を通して歴代の王たちがこの場所を好んで住んだ宮殿であると同時に最重要軍事拠点でもあったのです。

城の西側にはクラモレス川(Rio Clamores)、北東側にはエレスマ川(Rio Eresma)が囲んでいることから、天然の要塞とも言える立地。

アルフォンソ 8 世の居所としても使われました。13 世紀にフアン2 世とエンリケ 4 世の建築家たちの手によりゴシック様式が建物に取り入れられました。1587 年、建築家フランシスコ・デ・モラによる最後の改築があり、おそらくフアン・デ・エレラも参加したといわれ、パティオ・プリンシパル(城内中央広場)とエスクエラ・デ・オノールができました。

実はディズニーの白雪姫のお城のモデルになっています

セゴビアの旧市街の外れ、エレスマ川とクラモレス川の合流する場所に聳え立つ岩山に建てられたアルカサルが白雪姫のお城のモデルになったと言われています。

世界のディズニーランドで再現されているお城は現在、「シンデレラ城」と「眠れる森の美女のお城」のみ。

白雪姫のお城の世界を体感できるのはここだけなんです♪

城内も素敵なんです

大広間です。上方の壁にはカスティーリャ・レオン王国の歴代王の彫像がずらりと並んでいます。王族の長い歴史が感じられます。

15世紀頃の王の寝室を再現。樫木のゴシック様式ベッド、金刺繍の天蓋。背後の壁のタペストリーも見事です。

木細工の天井は本当に美しいです。この部屋は縦長に広く、天井が船底のようにくぼんでいるのでガレー船の間と呼ばれているそうです。大きな壁画はイザベル1世のカスティーリャ・レオン王国の戴冠式の様子。

イザベル女王の玉座や数々のステンドグラスなど、艶やかで美しい装飾が沢山で、非常に広いお城になっています。

建物には川まで降りて町のいくつかの宮殿と通じる秘密の地下通路があります。

美しい景色

順路の最後にあるフアン2世の塔はエレベーターがないので、階段で登るのですが、セゴビアの街はもちろん郊外の美しい景色が見渡せます。

崖のむこうにはカスティーリャ平原の広い大地が見えます。

最上部の見張り塔からは、セゴビアの町とその近郊の美しい風景を一望できます。

観光地として今では多くの人が訪れます

出典ameblo.jp

ディズニーファンだけではなく見る人を魅了するスペインのアルカサル

ぜひ一度訪れてみては?

1 2