1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

末娘が弟妹を欲しがったから人工授精を決意
アンネグレットさんには、すでに44歳の娘を筆頭に13人の子供と7人の孫がいる。これだけ子供に恵まれていながら、なぜ彼女が高齢出産に踏み切ったかというと、9歳の末娘レイラちゃんが弟妹を欲しがったからだそうだ。

2008年にアンネグレットさんの夫は亡くなっており、ドイツでは卵子の提供が禁止されているため、彼女はウクライナで人工授精手術を受けた。

ベルリン在住の65歳の女性が、四つ子を妊娠したと独テレビ局が報じた
順調なら夏にも出産予定で、四つ子の母親としては世界最高齢になる
女性にはすでに13人の子どもと、7人の孫がいるという

1年半の間に外国で数回、人工授精を試みていた。

 同局のウェブサイトには、ラウニヒクさんがもう一人出産しようと決めた理由について、9歳の末娘が弟か妹をほしがったためと記されている。RTLは、すでに孫も7人いる

「65歳だからどういうふうでなければならないというのでしょう?どうも人は皆、ありきたりな枠にはまらないといけないようですが、私はそういうものの見方にはうんざりです」「誰しもが自分で決心しなければならないと思います」

 RTLのウェブサイトによると、ラウニヒクさんの婦人科の主治医は、四つ子の妊娠には常に神経を使うが、今のところ万事順調だとしている。

1