1. まとめトップ

【スーパーフード】 ドライプルーンの健康効果

ドライプルーンの健康効果がすごかった。詳しく調べてみると・・・すごかった。

更新日: 2017年02月13日

35 お気に入り 394752 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yumemiru178さん

プルーンとは?

プルーンは、バラ科サクラ属の落葉喬木で、西洋スモモの一種。中でも、赤紫色の実をつけ、主にドライフルーツとして食されるものが、特に「プルーン」と呼ばれています。

引用元:ミキプルーン プルーン百科

日本での産地は?

平成21年の統計データを見ると、長野県が全国の半分以上を生産しています。次いで北海道、青森県となっています。
これは、プルーンの性質によるもので、プルーンの果実は雨に弱く、長雨などにあたると表皮が裂けやすいので、雨が少ない地方でしか栽培が難しいからだそうです。

引用元:旬の食材百科

日本国内で生産されたプルーンの多くは、生食用として出荷・消費される。

乾燥プルーンは、80%以上を米国から輸入し、その大半はカリフォルニアで生産されている。カリフォルニアは世界の約3/4を生産している一大生産地である。

プルーンは生とドライとどちらがいいのか?

どちらも栄養価は変わらないように思えますが、実は、乾燥したフルーツのほうが高い栄養素を凝縮するといわれています。

生のプルーンの5倍以上もの食物繊維や鉄分を含んでいる

生のままでもドライフルーツにしても最高クラスの栄養価を誇る。

生のプルーン果実に比べ、ドライプルーンの食物繊維は約5倍、 カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルも約5~7倍

旬の季節には生を食べるのも良いですね。
でも1年中、食すのであれば、ドライプルーンがお手軽ですよね。
栄養価もドライのほうが高いです。

ドライプルーンの栄養価は?

食後の血糖値の急激な上昇や、コレステロールの吸収を抑制する作用があるとされ成人病の予防に効果が期待出来ます。

カロテンやビタミンEはいずれも強い抗酸化作用があり、成人病の予防だけでなく、アンチエイジングの面でも効果が期待できます。

強力な抗酸化作用によって動脈硬化やガンの予防に役立つとされるβ-カロテンも、ドライフルーツのなかでは干しアンズ、干し柿に次ぐ含有量。

代謝機能活性化に広く関与するマンガンや、貧血予防・美肌に欠かせない鉄、味覚を正常に保つ亜鉛、骨や血管の強化に有効な銅などのミネラルに富む。
ビタミン類、食物繊維をバランスよく含み、アントシアニンなど脂質の酸化を抑制する成分も豊富。

他の果実と比較して鉄分が多く、ビタミンとともに貧血予防となります。
カリウムも豊富で、高血圧の予防になります。
ビタミンAや食物繊維を多くに摂りたい場合には、プルーンエキスではなくドライプルーンを選びましょう。

プルーンは栄養のバランスがよく、しかも豊富なため、日頃カゼをひきやすく、胃腸も弱く食欲も不振という子どもを健康にします。

血液の血行をよくし、新陳代謝をさかんにすることで、肩こりや低血圧、冷え症などを防ぎ、更年期障害をのりきることができます。

喫煙者の喫煙に関連する酸化ストレスに対しても、ある程度の保護効果を与える可能性があることがわかりました。

食肉に増殖する病原菌を抑える働きがあることがわかりました。ハンバーグにプルーンを少量(挽肉の量に対して1.5~3%)加えたところ、3日以内にO-157が90%以上死滅することが確認されています。

引用元:カリフォルニア・プルーン協会

ドライプルーンのNGな食べ方

プルーンだけしか食べないのはNG

他に何も食べずにいると、何も消化するものがなくなり、腸が収縮してお腹が痛くなります。

すると結局、水分と一緒に重要な栄養分を排泄してしまうことになるのです。これによって、体内の水分は急速に失われます。カロリーも水分もなくなるので当然体重は減るのですが、脱水も進んでしまうので体にいいわけがないのです。

大量に食べすぎるのもNG

1日に120グラム弱のプルーンを食べると、お腹を壊す危険性があります。確かに酵素と食物繊維で消化や排泄は助けてくれますが、食べすぎないように注意しましょう!

腎臓や胆嚢に問題があるときもNG

シュウ酸塩を多く含むので、腎臓や胆嚢に問題があるときは避けましょう。症状を悪化させてしまうことがあります。

コーヒーと一緒に摂るのもNG

プルーンは鉄分を多く含んでいます。コーヒーにはポリフェノールの一種であるタンニンが入っていて、鉄分を多く含む食材と一緒に摂取すると、鉄の吸収を強く阻害します。

犬にはNG!

糖分も多いので下痢や軟便症状になるリスクがあるのだとか。
腸内細菌のバランスを崩してしまう原因にもなるので、犬には絶対に与えないほうがいいといえるでしょう。

一日の摂取量は?

1 2