1. まとめトップ

【新社会人必見】「御中」と「様」の併用はNG!!【宛名マナー】

社会人になって覚える宛名マナー。最初は正しく覚えてるつもりでも色んな先輩のやり方を聞いているうちに混乱しちゃうことも。そんなことないように最初っから正解の対応を改めて知っておきましょう!!

更新日: 2015年04月14日

11 お気に入り 81572 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bukurobakuさん

社会人マナーの基本でありながら、意外とあやふやになることも。

就職し急にメールやFAXに触れる機会が増える人も多いことでしょう。宛名のマナーについて、先輩の言うことを聞きながらも何となく不思議に思ったことはありませんか??

個人なら『様』で会社なら『御中』を書きますが、会社名と個人名がある場合、御中と様の両方を付けるのでしょうか?

私が勤務していた会社でも、分かっていない人も
いて、御中と様を両方使っている人もいました

結構、御中と様の両方を付けてる人がいるので詳しい方教えて下さい。

会社や部署には「御中」

団体には「御中」を使います。
○○部や○○課がそのあとにつく場合は、○○部御中や、○○課御中となります。

残念ながら相手を特定できない場合のみ、その部署そのものに敬意を表す意味で「御中」と表記します。
これは「その部署の中にいらっしゃるどなたかに」という意味をもつからです。

個人名には「様」

個人名を明記する時には最後に「様」。
これもわかります。ただし、その前に会社名を
表記している場合、「御中」も書かなければいけないのでしょうか??

しかし【御中】と【様】は併用してはいけない!!

答えは御中と様は併用NG。
いわゆる「二重敬語」になってしまうのです。

「様」と「御中」は併用しないようにしましょう。

「御中も様という意味なので二つ付けたら様様になってしまうから個人名が付く場合御中は省く」

この考えで正解です。

様と御中が併記されるということは、様が二重に記載された
いわゆる二重敬語につながる。
御中=様の意味合いだからである。

郵便で「渡邊商事 御中  渡邊 様」と書くと「渡邊商事のどなたかへ、あ、渡邊様でした。」てな感じになり、不正解になります。

1