1. まとめトップ

驚愕!人類最速のウサイン・ボルトより速く走れるサッカー選手がいた!?

世界最速の陸上競技選手ウサイン・ボルト。そんな彼よりも足の速いサッカー選手がいた!

更新日: 2016年05月29日

6 お気に入り 246037 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

人類最速の男 ウサイン・ボルト

1986年8月21日(28歳)
身長196cm、体重94kg。
ジャマイカの陸上競技短距離選手。稲妻を意味する「ライトニング・ボルト」の愛称を持つ人類史上最速のスプリンター。

オリンピックの陸上競技100m、200m、4×100mリレーの3冠を2大会連続で達成し、通算6個の金メダルを獲得。世界陸上競技選手権大会の200mと4×100mリレーを3連覇し、100mとの3冠を2度達成し、最多タイとなる通算8個の金メダルを獲得。100m、200m、4×100mリレーの世界記録保持者。

大のサッカーファンとしても知られているボルト

ボルトは、少年時代はサッカーに熱中。プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドの熱烈なファンであることを公言している。サッカーへの愛情は、常に心の中にあるようだ。

大ファンのマンチェスターUから世界記録の入ったユニフォームをプレゼントされたボルト

そんなサッカー界にはボルトより速い選手達がいた!

40m走のタイムでボルトを上回る『ベジェリン』

英『デイリー・ミラー』は、あるアーセナルのプレイヤーが、40メートル時点までなら世界記録を破ったときのウサイン・ボルトよりも速く走ると報じた。

1995年3月19日 (20歳)
スペイン出身・アーセナル所属
ポジション:SB(サイドバック)

バルセロナのカンテラ育ち。今季、マテュー・ドゥビュシの離脱によってチャンスをつかむと、文字通り矢のようなオーバーラップと抜群の攻撃センスを発揮しレギュラーの座をつかむ。

ボルトが2009年に100メートル走9秒59の世界記録を叩き出したとき、彼は40メートル地点を4秒64で通過した。しかし、ベジェリンがアーセナルに参加したとき、彼は40メートル地点で4秒42を叩き出している。

『デイリー・ミラー』によれば、ボルトと比較したとき、40メートル地点でベジェリンはボルトの2メートル先にいる計算になる。

30m走のタイムでボルトを上回る『オーバメヤン』

オーバメヤンが30メートル走で3秒7を記録し、ボルトの100メートルの世界新記録9秒58を出した時の30メートル通過タイム、3秒78を上回った。

1989年6月18日(25歳)
フランス出身・ガボン代表・ボルシア・ドルトムント所属
ポジション:フォワード

日本代表の香川真司の同僚。爆発的なスピードを生かした攻めが特長。今シーズンはチームの最多得点者で低迷するドルトムントを牽引している。

ドイツ・ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムントに所属するピエール・エメリク・オーバメヤンがトレーニング中に、陸上短距離のウサイン・ボルトが2009年に100メートルで世界記録を樹立した際に記録したタイムを上回った。

ドルトムントでスポーツディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏はドイツの大衆紙ビルトに対し、「ピエールは過去クラブに在籍した選手の中で間違いなく最速の選手だ」とコメントしている。

ドイツのスポーツ番組に出演したオーバメヤンは30mを3.7秒で走れると語った。この発言を聞いたドイツの陸上選手ユリアン・ロイスが「陸上界のプライドを取り戻す」とオーバメヤンとの30m走勝負を熱望。オーバメヤンもtwitter上でこの挑戦を受ける姿勢を見せていたが、所属していたドルトムントが認めなかったため、結局勝負は実現しなかった

【番外編】自称:ドリブル時ならボルトより速い『ジェルビーニョ』

1987年5月27日(27歳)
コートジボワール出身・コートジボワール代表・ASローマ所属
ポジション:フォワード

スピード溢れるドリブルが持ち味で、同じセリエAでプレーする長友佑都は、「普通に走るのとドリブルのスピードが変わらない。」とコメントする。止まった状態から加速できるところが魅力で、どんな状況でも仕掛けることができる。

昨季、アーセナルからローマに加入したFWジェルビーニョ。アーセナルでは苦戦を強いられた同選手だが、ローマではリールでも指導を受けていた恩師ルディ・ガルシア監督のもと大活躍を果たしている。

ジェルビーニョはコートジボワール代表として出場した2014年ブラジルW杯にて最大時速32.3kmを記録。昨年、サンシーロでは最大時速35kmというスピードを叩きだした。

イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がユニークな比較を紹介している。ジェルビーニョのドリブル時の最大時速は35km。人類最速のウサイン・ボルトは100mを平均すると時速35.578km。ただし、レース中の最高スピードは時速44kmにも及ぶ。

【番外編】ネットでボルト級に足がメチャクチャ速いと話題の審判

ラインズマンの旗をもって一人だけ別次元のスピードで走っており、とにかく別次元の速さ。

FAカップ準々決勝のアストン・ヴィラが勝利したウェスト・ブロムウィッチの試合で、ベスト4が確定した瞬間に観客がピッチになだれ込んだ。この様子はネット上でも大きく取り上げられ話題となったが、メチャメチャ足の速い審判も話題になっている。

1 2