1. まとめトップ

【朗報】イルカの大量打ち上げは全く地震と関係がなかった【驚愕】

イルカの大量打ち上げがなにかと地震予知と結びつけられ騒がれ、噂される事が多いですが、実は、イルカの習性や習慣から考えた場合、全く地震とは関係がないかもしれないことが判明しました。

更新日: 2015年04月14日

0 お気に入り 13326 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyangomeさん

イルカが大量発生すると地震がくる?

UVERworld 7日目の決意 地震の一週間前に座礁して行くイルカの群れ 地震起きませんように 願

イルカが打ち上げて地震が来るぞー。 って話がマジかオカルトかはさておき。 「不吉じゃっ、不吉じゃーっ!」 と騒ぎ続けるより、「縁起悪ぃし、一応備えとくか」って備蓄のチェックとかした方が良いというか。 "前触れ"ってそうやって使うもんじゃないの?

多数のイルカが海岸に打ち上げられた事から、再び大地震が来るとか、火山が噴火するとか巷で騒がれたようですが… 本当に怖いのは震災では無く感染症ですよ…

そういえば、イルカがとかこの前聞いて、地震起きたらうちやばいなぁーって思ってる。。ちゃんとしっかり準備したほうがいいのかもと考えさせられた。

そういえば、イルカが陸揚げされたり地震雲だ、とかいって12日に大地震だといってた皆さんは、地震の被害がなければいいのですが。うちはなにもなく選挙に行っただけでした。

10日朝、茨城県鉾田市の海岸10キロ以上にわたってイルカが打ち上げられているのが発見された。

150頭余りのイルカが海岸に打ち上げられて大半が死んだことを受け、地元市役所には­「地震の前兆ではないか」といった問い合わせが寄せられるなど、住民の間で不安の声が­上がっています。

イルカが打ち上げられたのって、地震の予兆なのかな。

「イルカと地震との関係は未解明な部分が多い」

武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏

イルカの集団座礁は習性の一つとして多いのも事実。

「イルカの集団座礁と地震に相関関係は有りません。」「なあーんだ、じゃあ安心だね!」

イルカの座礁が地震の前触れのように危惧されているが、安部公房はエッセイの中で「鯨の集団自殺説」を提唱している。高等な頭脳を持つ鯨はかつて陸で生息していた頃の記憶が蘇り、陸を目指すのだと。あの安部公房が言うのだから信憑性はあ。イルカも鯨同様、先祖がえりゆえの集団自殺かもしれない。

イルカの集団座礁と地震に因果関係なんかないとキッパリ言い切る良純さんがステキw

イルカが浜に打ちあがることをストランディングといいます。ストランディングの種類には、生きているイルカが打ちあがる「座礁」、生きていないイルカが打ちあがる「漂着」、本来の生活領域から迷い込んで来る「迷入」といった種類があります。

イルカの気持ちより

イルカやクジラなどの海の動物が何らかの理由で岸に打ち上げられることを英語で何という?[ストリーミング ストランディング ストライキング ストーキング] →ストランディング

ストランディングで死んでしまったイルカたちは、そんな連中のネタのために死んでいったわけではない。 勝手な理由で殺されたことにするなと…。

話題になっている集団座礁とは

多数の生物が座礁することをマス・ストランディングといいます。集団座礁になる原因としては、リーダーが座礁すると仲間も座礁する、仲間は傷を負った仲間を置いて行くことができず、持ち上げるようにして泳ぐ、といったことが原因として考えられています。

イルカの気持ちより

石原良純さんもイルカの集団座礁と地震の関係性を否定

いいぞ良純もっといえ!って思いながらイルカクジラ座礁不安説の話をみていた。どうせ座礁を扱うならマッコウのやつみせてよと思ったけど、それよけいに不安って騒がれるやつかな、世の中めんどくさいね!

イルカは傷を負った仲間を見捨てることができない

1 2