1. まとめトップ

ダイエット効果に美容効果も!小麦粉より米粉を食べるといい理由

小麦粉より米粉を食べるとダイエット効果に美容効果もUPするんです。そんな米粉について調べてみました。

更新日: 2015年04月14日

11 お気に入り 39633 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

B2CAXさん

パンやパスタって太りそうなイメージ…

それもそのはず、小麦などの胚乳に含まれるタンパク質の一種“グルテン”には、食欲増進作用があるといわれています。

パスタゆでるか。今日は炭水化物まつり。間違いなく太る。

うどん食った後にパスタ食ってるなんて 本当太る死にたいおいしい

ちなみにイタリア人にデブが多いのはパスタの後に残ったスープでパンを食べるからだとか。そりゃあ太るわな。 てことは似た発想の関西人もやばそうだね。

そんな中グルテンフリーダイエットに注目が集まりました

グルテンには中毒性があり、とり入れると食欲が増して過食になりやすいといわれています。そのためグルテンを控えると、自然と摂取カロリーを抑えられるというのが痩せる理由のひとつ。

でも実際に小麦粉を全く使わないのは難しい

グルテンフリーダイエットってそもそもなんだ?と思って調べたら絶対私には出来ない内容だった。だって餃子の皮も食べられなくなるんだもん。

そんなとき、小麦粉の代わりとして使用したいのが“米粉”。

米粉(べいこ、べいふん、こめこ)は、米を製粉したもの。穀粉(こくこ)ともいう。団子、餅、煎餅、麺類、米粉パンなどの原料となる。

米を粉末にしたものに上新粉と白玉粉などもありますが、パンやケーキに使用されているのは、上新粉や白玉粉よりもさらに細かく粉砕したものです。

グルテンが含まれておらず、ダイエットはもちろん、美肌を目指す人にも嬉しい効果がたくさんあるんです!

米粉は小麦粉に比べて若干低カロリーでアミノ酸スコアが高く良質なアミノ酸が小麦粉と比較してバランス良く含まれています。そして、米粉には小麦粉に含まれているグルテンが含まれていないという違いもあります。

米粉が持つ美容・健康パワー

米粉パンは低カロリーなだけでなく、栄養素的にもダイエットにおすすめです。米粉には良質なアミノ酸が含まれています。タンパク質の品質を評価するアミノ酸スコアは、小麦粉(強力粉)38に対し、米粉65と約1.5倍も高いのです。

体の中には脂肪燃焼酵素があり、リパーゼと呼ばれています。リパーゼは脂肪を分解し血液中へと送り込んでくれますので、ダイエットで大きな働きをしてくれます。

(1)小麦粉よりも血糖値の上昇が緩やか

(2)グルテンが含まれていないので食欲増進作用の影響がない

(3)小麦粉より油の吸収率が低いので揚げ物にもピッタリ

(4)腹持ちがよく食べ過ぎが抑えられ、ダイエット効果あり

(5)お米が持つ炭水化物、たんぱく質、ビタミンなどの栄養が摂れる

(6)便秘予防、美腸効果があるので美肌づくりにもピッタリ

(7)小麦アレルギーの方でも安心して食べられる

米粉は小麦粉に比べて水分を吸収しやすい特徴があります。米粉が水を吸収しやすいため、かつては米粉を使用してパンやケーキをふっくらと仕上げることができませんでしたが、米粉の加工法などを変えることにより、近年はふっくらとしたパンやケーキができるようになりました。

何故カロリーが低いのか?

小麦粉で作られた一般的な食パン100gあたり264kcalとなっています。しかし米粉パンは100gあたり176kcalとなっていて、カロリーはかなり低くなっています。

米粉は、小麦粉よりもカロリーが低いだけでなく、米粉を使って油料理をした場合に小麦粉に比べ油の吸収率が低く抑えることができるので摂取カロリーが抑えられ、ヘルシーな食材であると言えるでしょう。

米粉のアレンジレシピ

米粉60g
甜菜糖大さじ1
水100~140cc
苺小6ヶ
こし or つぶあん約120g
片栗粉大さじ2位

米粉150g
ドライイースト3g
純ココア小さじ1
牛乳160cc
なたね油大さじ1
アガベシロップ(メープルシロップでも◎)大さじ1
塩3g

1 2