1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

どうして、世界一危ないといわれているか??? ズバリ、猛獣が触れ合えるからです。

おりの中に普通に案内され、ごくごく自然に触れます。
あと、係の人が写真を撮ってくれますよ。

虎だけでなく、ライオンも触れます!!!

時期が良ければ、子供のライオンやトラもいますよ。

有名なのはライオンやトラですが

ぞうさんは直にえさを与えることができ、とても楽しいですよ。

危険な動物園として有名なルハン動物園ですが

リャマは放し飼いになっているので、リャマがいやがらない限りは、好きなだけ触り放題です。

ラクダも、凶暴ではないので園内に放し飼い。

ビーバーは勝手におりから脱走して、動物園内の小川にダムを造ってます。

このようなフリーダムな動物園に行くには??

これを見て、早速行きたくなった人に、楽しい楽しいルハンの動物園行くための方法をお教えします。最初は自力でブエノスアイレスまでは言ってくださいね!!!

地下鉄で、パレルモ地区のPlaza Italiaまで行ってください。

地下鉄のD線を使って、ここまで行ってください。

その次は、近くにバス停があるので57番のバスに乗ってください。

バスに乗ったら、運転手さんにルハンの動物園に行きたいと伝えてください。そうしたら、ちゃんとバス停についたら教えてくれますよ。

あ!?バスに乗る前にSUBE買ってください。

アルゼンチンのSuicaみたいなもので、バスに乗る際はこれでしか支払いが出来ません。あと、バスのなかではチャージできないので、使う前にしっかりと入れておいてください。このカードは地下鉄や近郊電車でも使えて便利です。

これが動物園の入り口

ついたとき、ここは廃墟じゃないかと思いましたが、動物園の入り口です。 チケット売り場などはなく、係員さんが直接売っています。
2015年2月現在、入場料は400アルゼンチンペソ(闇レート約3200円)くらいでした。 高い!!!

ブエノスアイレスに帰るときは

入り口そばの原っぱにバスが止まってくれます

注意して欲しいのは、57番のバスにPlaza Italia行きとOnce行きとがあります。どちらもブエノスアイレスの中心部に行き、地下鉄に接続するようです。

最後にルハン動物園の公式ホームページのURLをそせておきます。

1