1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

shunpapaさん

花粉症、アトピーの根治治療の鍵!?

幼い頃に家畜に触れ合う生活をしていると
アレルギーになりにくいという、データがあります。
家畜に触れ合うと体内にTレグ細胞(制御性T細胞)が
増えるのではないかといわれています。

既にアレルギーになっている人は要注意!

食物アレルギーの分野では、かつてはアレルギーの原因になる食品を除いていく「除去食」が一般的だった。特異的経口耐性誘導は逆にアレルギーの原因になる食品を少量から食べさせていく治療になる。食物アレルギーでは、ときとしてアナフィラキシーショックという呼吸困難にもつながる症状が起こり得るため、慎重な観察の下で進めていく。食べさせる量を少しずつ増やして、最終的に食物アレルギーの克服までつなげていく。アレルギーの治療は、触れさせる治療が注目されている。

1