1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴され、3月17日に保釈された清原和博が、韓国・ソウルのカラオケ店で乱痴気騒ぎをした際の写真を週刊文春が入手した。

 カラオケ店関係者によると清原が訪れたのは昨年11月27日のこと。この店には2012年から通っており、これで4回目だった。交際中だった“ハーフ美女”も含め20人以上で飲みながら、腕相撲などを楽しんでいたという。

 興が乗ってきたところで「王様ゲーム」が始まった。

「清原氏は王様になったときもわざわざ自分を指名して、アイスペールより大きな容器に入った、ビールや焼酎、韓国の百歳酒を計8杯ほど飲み干していた」

☝「振り返って出てくる答えは、感謝。それが、僕の野球人生で学んだこと。」清原和博(元プロ野球選手『番長』) pic.twitter.com/aq9YfBXBkZ

清原らしくない弱気な告白で視聴者に訴えました。視聴率は前回の10・8%から5・6%もアップです」(番組関係者)

 番組では清原が四国八十八カ所を"お遍路"する密着映像も放送された。

「清原は薬物疑惑報道以降も東京・銀座のクラブをハシゴしては、ホステスを口説いています。とても自殺を考えたとは思えませんけどね......」

 そう話すのは、清原を知るクラブ関係者だ。

「テレビ出演前に清原は、銀座7丁目のクラブ『B』で"お遍路の密着取材がある"と言って飲んでいました。これから"お遍路"する男が銀座のクラブで飲むのかな、と疑問に思いました」(同)

1