1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

erikoyoさん

用意するもの

アイロン、アイロン台、スムーザー(霧吹き)はアイロンがけの必需品。

アイロン台:脚つきのものが便利。スチームがちゃんと下まで通るものを。
アイロン:形も機能もいろいろ。スチームがたっぷり出るものがおすすめ。
スムーザー:アイロンが軽々すべって、洗たくジワがラクにとれます。

そのほか、自分に必要な小道具をそろえましょう。道具をうまく使うと、一気に上達します。

あて布:テカリと傷みを防ぎます。大きめのハンカチでもOK。
アイロン用キーピング:えりやカフスなどハリをもたせたい部分に。

アイロンがけの前に、最適温度をチェック

衣料の絵表示を確かめて、適温でかけるようにしましょう。

せっかくアイロンがけしても、素材に合った温度でかけないと、シワがとれなかったり、生地を傷めたりします。

アイロンに関する洗濯表示記号とその意味は以下の通りです。

「高」アイロン温度は180~210℃ 〇綿、麻
「中」アイロン温度は140~160℃ 〇毛、絹、ナイロン、ポリエステル、キュプラ、レーヨン
「低」アイロン温度は80~120℃ 〇アクリル、ポリウレタン、アセテート
「×」アイロンがけ不可
「マークの下に~」あて布をしてアイロンをかける

スチームとドライ

素材や目的に合わせて、スチームとドライをうまく使い分けましょう。

ドライを選ぶとき

・「スムーザー」や「アイロン用キーピング」、霧吹きを使うとき
・絹などの薄物に生乾きでかけるとき
・合成繊維にかけるとき

スチームを選ぶとき

・ウールなどのシワをのばしたいとき
・セーターの形をととのえたいとき
・ズボンに折り目をつけたいとき

汚れを落とす

アイロンをかける前に、汚れやホコリはとっておきましょう。

汚れた衣類にアイロンをかけると、汚れが熱で変質して落ちにくくなります。

いよいよアイロン開始

温度が上がるまでに、シャツに霧吹きをかけて全体を湿らせます

特に形態安定加工していないもの。シワが伸びやすくなります。

アイロンがけのポイント

アイロンは先を少し浮かせるような感じで進行方向の反対側に力を入れる

引っかかりにくくなります。

アイロンは直線、一方方向に動かすとよい。

ジグザグに動かすとしわになりやすくなります。

まずは「えり」、裏と表を一回ずつ

1 2