1. まとめトップ

ユニクロのマネジメント経営戦略!国内でユニクロだけが勝ち続ける人材戦略

勝ち続けているユニクロ(ファーストリテイリング)のマネジメント経営戦略についてまとめました。国内でユニクロだけが勝ちつづけている理由は、人材マネジメントが上手だからと言われています。

更新日: 2016年09月08日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 4999 view
お気に入り追加

日本の労働市場は地獄だな。海外はもっと酷いと言う人もいるが、日本の生活コストは異常だから海外と比べても、相対的に相当酷いと思う。

好調すぎるユニクロ決算

海外ユニクロ事業も、売上高が前年同期比48.9%アップの3455億円で、営業利益が前年同期比63.2%アップの428億円と、大幅な増収増益

*2015年8月期第2四半期の連結決算

アルバイトの正社員化

学生アルバイトなどのごく短期に務める従業員を除く、約1万6000人を正社員に転換する計画

*言いかえれば、「正社員」と言っても、アパレルの店員は、非常に安い賃金である事を意味しています。

閉店後の清掃やレジ金の集計、日報の記入などで拘束時間は格段に長くなり、労働基準法の勤務時間を超えることはザラ。

*時給ではなくて月給にする事で、「もっと働け」という事だ。

短期のアルバイトを新規に採用すると採用や研修のコストが何度もかかる。R社員なら一度で済む。

もともと社員がやるような仕事をバイトにやらせてただけだろ。でないと職場がパニックになるだろ。

警官役を担当するユダヤ人みたいなもんだな。 少しばかりもらえるパンの量が増えるだけで身分は奴隷と変わらない。

若くして店長を経験できる

入社してから3-4年ほどで20代のうちに「店長」となっているユニクロ社員が多いです。

2001年8月にユニクロ橋本店のオープニングスタッフとして入社。2005年2月に本町田店の店長に就任し、以降4店舗の店長を歴任。

同社の店長は年間数億円の売り上げと従業員数十人を抱える責任者であるが、早い人でじつに入社後1年、平均2年で店長に起用

*20代前半-20代後半で店長を経験できる人が多いです。

現場での“修羅場の体験”を経験させてプロのマネジメント職を養成する手法に近い。

年齢に関係のない賞与の仕組み

社員の報酬も年齢に関係なく、本人の実力に応じて決まる仕組みだ。同社の給与体系は職責と役割に基づく10段階のグレード給(月給)と業績を反映した賞与で構成される。

流行をフォローするファストファッション

売れ残りを自分で処理するビジネスモデル

SPAによる中間マージンの排除は、代わりにユニクロが売れ残り等のリスクをすべて自分で負わなければならないことを意味する。

*ユニクロのビジネスモデルは、ハイリスク・ハイリターンです。

スタッフが定着することによる採用コストの抑制、アルバイト訓練費用の削減、習熟したスタッフが増えることによる生産性向上

経営にスピードが重要

1 2





misukiruさん