1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

sumaparaさん

▼ポイント

さまざまな形や素材のものがあります

▼注意しよう

ドリップした熱いコーヒーをそのままの状態で置いておいたり、冷蔵庫でゆっくりと冷すと、不快な酸味が出てしまうのだそう。

▼入れてみよう

はじめのうちは、量を守ってください。慣れてきたら自然と好みの味に調整できるようになります。

1

ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、コーヒー粉を入れる。次に、湯を少量注ぎ、蒸らしの作業を行う。コーヒー粉全体に湯が行き渡ることが大切だ。

蒸らしの工程が非常に重要です。

2

20秒~30秒の蒸らし時間の後、ドリッパーの中心部に湯を注ぎ、抽出していく。なお、湯の温度は90℃~96℃が適温。

熱湯は注がないでください。

3

抽出を終えたらドリッパーを外し、サーバーを揺すって抽出したコーヒーを混ぜ、濃度が均一になるようにする。グラスに注いで完成。

苦味や雑味がでるので、最後まで抽出しないでください。

▼抽出に使用する湯

水道水は軟水です。

▼ワンポイント

かなりの量が溶け出すので、もちろん味にも影響する。「できれば、氷もミネラルウォーターからつくったものを使ってください」

▼おススメ

1