1. まとめトップ

「ママ名刺」とは?入園式・入学式で流行中

初めて会うママ同士のコミュニケーションに「ママ名刺」が登場し、その交換が流行っています。

更新日: 2015年04月17日

0 お気に入り 1757 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kawaiihairさん

4月といえば、入園式・入学式。子どもたちはもちろん、ママたちにとっても新しい出会いの季節です。そんな初めて出会うママ同士のコミュニケーションに新しいカタチが登場してきているそう。それは「ママ名刺」の交換です。

「ママ名刺」とは、子どもと自分の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどが記載された名刺のこと。中には子どもの写真やパパの職業といった個人情報を書き入れることもあるそうです。

起源は女性誌「VERY」

連絡先交換の時短化に一役

子どもを送迎する時のママたちは、バタバタです。立ち話もほどほどに、出勤したり、家に戻って家事をしなくてはいけません。そんな時に「ママ名刺」は短時間で連絡先を交換できるため、重宝します。数秒で名刺を交換すれば、何か子どものイベントの時に連絡をとったり、年賀状・贈り物を送ったりするも簡単というわけです。

LINEやFacebookのIDを書き入れた名刺も多く、交換した名刺を元にLINEグループを作ったり、お互いの近況にコメントをするといったインターネットを介したやりとりも、今どきのママは盛んなようです。

かわいいイラストのデザインだったり子どもの写真を載せたりさまざま

住所、夫の職業、紙質で…ママ同士の格付け・マウンティングが発生

連絡先交換を時短化してくれる便利な「ママ名刺」ですが、ママ間の格差を助長するきっかけとなるケースもあるようです。

どういうことかと言うと、ママ名刺に書いてある住所、お父さんの職業、さらには名刺の紙質などをチェック、あるママが他のママの格付けをするといったケースがあるようなのです。

簡単に名刺を作成できるサービスも

1