1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

InoYouさん

「放課後プレアデス」作品情報

スバル自動車販売プロモーションの一環として日本国内をターゲットとし、公開期間を2011年冬限定としたWebアニメーションとして企画された[1]。
当初この企画は、自社の「レガシィ」に採用した衝突防止機構「EyeSight(アイサイト)」のプロモーションを念頭に置いたアニメとして富士重工業がガイナックスに要望したものであり、主人公の成長物語としてキャラクターも仮設定していたが、議論を重ねた結果「クルマが出なくても構わない」「スバルの良さ」「スバルの挑戦」を見せたいという富士重工業側の要望と「車を登場させなくても、車の代わりとなる何かでスバルの良さを表現する」「スバルという存在自体を追求する」というガイナックス側の方向性から現在の形になり、制作された[2]。

放課後の学校、星が好きな少女(すばる)が天望室のカギを開け入ると、そこはいつもの天望室ではなく温室のような場所へと繋がっていた。すばるはそこで不思議な少年(みなと)と知り合う。その少年と知り合った後、帰宅するため階段を下りていたすばるであったが、今度は不可思議な生物(プレアデス星人)と遭遇してしまい、大切なコンパスを持ち去られてしまう。コンパスを探し校舎の廊下をさ迷っていたところ、たまたま近くにあった部室の扉にすばるが触れたとき、扉はひとりでに開け放たれ魔女のようなコスプレをした4人の少女たちと出会う。すばるはその少女たちのなかに親友(あおい)の姿を見つけ……。

OP,ED

オープニングテーマ「Stella-rium」
作詞 - くまのきよみ / 作曲・編曲 - samfree / 歌 - 鹿乃
エンディングテーマ「ここから、かなたから」(第2話 - )
作詞 - くまのきよみ / 作曲・編曲 - 伊藤翼 / 歌 - fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲)
挿入歌「星めぐりの歌」(第2話)
作詞・作曲 - 宮沢賢治 / 編曲 - 若林タカツグ / 歌 - すばる(高森奈津美)&あおい(大橋歩夕)

第1話:流星予報:雨時々流れ星

すばるは、星の観察が大好きな中学生の少女だが天文部は彼女一人。幼なじみのあおいも、今は別の学校に通っていて疎遠な間柄になっている。ある日すばるは、校内で見知らぬ美しい温室のような場所に出てしまう。そこに佇む少年、みなと。驚くすばるに彼は優しく話しかけてきた。恥ずかしくて思わず部屋を後にしたすばるが教室も戻ると、そこには4人の女の子が話し合いの最中で......。その中には、なんとあおいもいた。

・変身シーンがセーラームーンと一致
・少女が飛ぶシーンで、ぶーん!車のエンジン音ww
・主人公がスバル。メーカー名押しまくり!

第2話:星めぐりの歌

・みんな一緒の席??
・ドライブシャフト
・車ぶっとばしすぎ!
・座るところにジャケットを敷いてあげる超絶紳士
・だが断る!
・飛ぶときの音だけ車。他はもう百合アニメ
・最後に美味しいとこだけ持っていく。
・コスプレ研究会設立。

1