1. まとめトップ

【実録!】驚愕の甲子園奪三振ランキング!歴史に残る甲子園奪三振記録!(高校野球)

実録!甲子園の歴史に残る驚愕の奪三振記録!甲子園を沸かせた球児達の奪三振記録!記憶と記録に残る甲子園の奪三振記録をまとめました。

更新日: 2017年09月17日

stkntmsさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 35016 view
お気に入り追加

高校野球ファン必見!夏の甲子園「あなたの選ぶ名勝負・名シーン」

夏の甲子園 大会通算奪三振記録保持者は板東英二

1958年(昭33) 第40回大会
2回戦~決勝

板東 英二(徳島商)

・秋田商 17(9回)
・八女 15(9回)
・魚津 25(18回)
・魚津 9(再試合9回)
・作新学院 14(9回)
・柳井3(8回)

2006年(平18) 第88回大会
1回戦~決勝

斎藤 佑樹(早稲田実)

・鶴崎工 7(9回)
・大阪桐蔭 12(9回)
・福井商 7(9回)
・日大山形 10(9回)
・鹿児島工 13(9回)
・駒大苫小牧 16(15回)
・駒大苫小牧 13(再試合9回)

2012年(平24)第94回大会
1回戦~準々決勝

松井 裕樹(桐光学園)

・今治西 22(9回)
・常総学院 19(9回)
・浦添商 12(9回)
・光星学院 15(9回)

2005年(平17)第87回大会
1回戦~準決勝

辻内 崇伸(大阪桐蔭)

・春日部共栄 5(4回2/3)
・藤代 19(9回)
・清峰 12(9回)
・東北 13(9回)
・駒大苫小牧 16(10回)

夏の甲子園 1試合奪三振記録は松井裕樹の22奪三振

夏の大会記録は9回22奪三振で甲子園を沸かせた松井裕樹(桐光学園)。
2012年(平24)第94回大会の1回戦、対今治西戦。
アウト27個のうち22個が三振...

しかも、22個の三振の16個が空振りだった。

凄すぎますね!

桐光学園の2年生エース・松井裕樹――準々決勝で光星学院に敗れはしたが、4試合連続2ケタ奪三振を記録し、奪った三振は歴代3位となる68個。さらに2試合連続毎回奪三振(史上5人目)、10者連続三振(史上初)など、この夏の主役は間違いなく松井だった。

ちなみに、1958年(昭33)第40回大会の準々決勝、延長18回の参考記録ですが、板東英二(徳島商)が対魚津戦で25奪三振を記録。

1973年(昭48)第55回大会の1回戦、延長15回参考記録ながら江川卓(作新学院)が、対柳川商戦で23奪三振を記録。

夏の甲子園 連続奪三振

2012年(平24)
第94回大会の1回戦

対今治西線で松井裕樹が10連続奪三振を記録


今治 000 000 000=0
桐光 001 130 11 ×=7

2013年(平25)
第95回大会の1回戦

対岩国商戦で高橋光成が9連続奪三振を記録

1926年(大15)
第12回大会の準決勝。

対大連商で小川正太郎が8連続奪三振を記録

甲子園 投手別 通算奪三振記録保持者は桑田真澄

1983年の夏の甲子園
桑田真澄の1年生の時のピッチングです。
PL学園 VS 池田高校

凄い1年生投手です。。。

清原和博とのKKコンビで甲子園に一時代を築いた。昭和58年夏から5季連続で出場しての通算20勝は戦後最多であり、不滅の金字塔である。

【投球回数】
115 2/3
【登板】
13
【奪三振率】
10.12

8月8日より開催された第91回全国高校野球選手権大会の興南高校、島袋投手の投球ダ­イジェスト。

これはそう簡単に打てないですね。。。

島袋は、キレのあるストレートを、コーナーいっぱいに投げ込む。甲子園では13試合に登板し、歴代3位にあたる130個の三振を奪った。完成度の高い18歳のサウスポーには、プロからも熱い視線が注がれた。

【投球回数】
103 2/3
【登板】
14
【奪三振率】
9.81

【投球回数】
138 1/3
【登板】
16
【奪三振率】
7.35

春の甲子園 大会通算奪三振記録

1973年(昭48)第45回大会
1回戦~準決勝

江川 卓(作新学院)

・北陽 19(9回)
・小倉南 10(7回)
・今治西 20(9回)
・広島商 11(8回)

1





stkntmsさん