1. まとめトップ

新入社員必見!挨拶や歓迎会の自己紹介で失敗しない方法

新入社員・新入生必見!挨拶や歓迎会でで自己紹介で失敗しない方法を紹介します。

更新日: 2019年03月30日

11 お気に入り 47931 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

meigen100さん

自己紹介で悩んだり、失敗している人はたくさんいます。

パフュームと同じ大学です、と自己紹介した人がいて、パフュームと知り合いなのかと思って話を聞いたら、全然関係なく、単に大学が同じというだけだった。
(28歳/男性/小売/総務)

自己紹介で同期がキャバクラがすきと答えたらお偉いさんがどなりだしたこと
(29歳/男性/その他(レンタル)/サービス )

自分のことを天気に例えてって言われたから
正直に「曇り空のような奴です」って言ったら暗い奴だと思われて
しかも本当に暗い奴だからどうしようもないしにたい

なかには嫌味になってしまっている新入社員も・・・

新人歓迎会の自己紹介で東大卒の新人が、「趣味は将棋です。一緒にやりましょう。」みたいなの言うてたけど、勝てる訳ないよね!日本最高峰の頭脳に。ちなみに僕は将棋崩し(山崩し)しか出来ません。

そして、無茶振りをする先輩や

昨夜は富山本社90人で新人歓迎会でした。スタッフが大勢いる眺めはいいなあ。毎年新人の自己紹介にお題を出します。今年は「自分の追い求める未来のイメージを10秒のパントマイムで」って、難題を振ってみたら、最後にガッツポーズか万歳が多かったので、きっと良いイメージがあるのでしょう!!

自己紹介を邪魔する人もいます。

月曜に新人研修で教えるという人が「休日の間にネットで新人の情報を集めて『君の趣味はなんとかで君の誕生日はいついつだね』って新入社員の代わりに僕が彼らの自己紹介をします」って言ってたのほんと変態だと思った

先輩社員も自己紹介が苦手だったりします。

昔会社員だった時に新人歓迎会の飲み会とかで、先輩社員が自己紹介するわけだけど、多くの人が「趣味は...いま趣味を探しています」と言うわけよ。一人暮らしだったら、そういう人って家で何やってんの?つまんね。と思って心の中で毎日バカにしていたあのころ。

では、どうすればよいのか?

一番重要なのは「オチ」をつけること。笑いはとらないこと。

誤解しないでほしいのは、「オチのある話」というのは「笑いがとれる話」ということだけではないという点です。しっかりとまとまった「聞き手がつまらないと感じない話」という意味なのです。

誰もが、「ウケる=笑いを取る」と思いがちですが、ウケるというのは相手の心に響く、記憶に残るものであればいいのです。自己紹介を聞いている人たちがあなたに関心を持つような挨拶ができれば、それは「ウケた」ということです。

その1.「最後のオチを予想させること」
その2.「オチがバレるようなフリにしないこと」
その3.「長すぎるフリにしないこと」

過去に評判の良いネタを話すのもよいです。

くれぐれも芸や特定の話に偏らないこと

特定の人だけがわかるような内容は避けたほうがいいでしょう。地元の話でも趣味の話でも一般的に知られているもの、もしくはきちんと説明を加えて皆に分かるように工夫すべきです。

「一人よがりなギャグ」です。一発芸やモノマネなどの隠し芸は、完成度が高く誰が見ても「面白い」と感じられるレベルであれば、印象に残る面白い自己紹介となるでしょうが、そういった人は稀です。

「同じ学科に僕と同じ佐藤が3人いて、区別するためにそれぞれA、B、Cと付けられ僕はB君と呼ばれていました」
「ファッションに興味があり、最近では自分で洋服を作る事にも挑戦しています」

https://careerpark.jp/29599?page=2

時と場所を考慮するのも大切。正式な場所では感謝と決意を伝える。

◆自己紹介の基本項目
名前(フルネーム)、年齢、出身地、出身大学(学部も)は必ず話すようにしましょう。
 
◆自分らしさを一言
性格(長所、短所)や部活動、趣味などの自分の特徴を基本項目の後に付け加えましょう。
 
◆入社の喜びと歓迎会の感謝の気持ち
この会社に入社できたことの喜びや歓迎会に対する気持ちを述べます。
 
◆仕事への抱負と決意
仕事への抱負と決意ですが、あくまでも謙虚な姿勢でさわやかな感じにしましょう。
 
◆上司、先輩への指導をお願いする
結びの言葉として、上司や先輩に対しての指導をお願いする言葉を述べます。

事前に練習することも大切です。

どんな場面でもアドリブでウケる事を言える人はいいのですが、そんな人はほんのひと握りでしょう。新人歓迎会はかなり多くの方が出席するイベントですので、緊張して当たり前です。事前に自己紹介の挨拶文を準備し、練習しておいた方がよいでしょう。

1 2