1. まとめトップ

あのアフガニスタンが完全に入国できなくなったらしい。

アフガニスタン。ソ連侵攻(1979~1989)やアフガニスタン紛争(2001~現在)など幾多の戦乱を経験してきたこの国が今年ついにその最後の扉を閉ざしてしまったようです。

更新日: 2015年04月23日

1 お気に入り 44371 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kentoripさん

そもそもアフガニスタンってどんな国?

アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・南アジアに位置する共和制国家。

山岳地帯が大部分を占めている。北部や南西部には若干平野部がある。

山岳地帯のイメージが強いですよね。

パシュトゥーン人、タジク人、ハザーラ人、ウズベク人、トルクメン人などの数多くの民族が住む多民族国家である。

民族構成も複雑です。

意外と観光資源は豊富!

あのレストランじゃないですよ?w

高さ55m(西大仏)と38m(東大仏)の2体の大仏をはじめとする多くの巨大な仏像が彫られ、石窟内にはグプタ朝のインド美術やサーサーン朝のペルシア美術の影響を受けた壁画が描かれた。

ちなみに大仏は2001年にタリバンによって破壊されました。残念な限りです。

アフガニスタン北部の町マザーリシャリフにある聖地。
青いタイルが本当に美しいですね。

マホメットの徒弟で第4代カリフであるハズラット・アリーの廟。

これはアフガニスタンでの伝承だそう。実際のアリー廟はイラクのナジャフにあります。

「パミールを越えて」は古代史の常套句。

タクラマカン砂漠を通るシルクロードは、この高原を越えて東西を結んでいた。

アレキサンダー大王や三蔵法師もここを通ったと言われています。

アフガ二スタン北西部にある第三の都市。

中央アジアとインド亜大陸、西アジアを結ぶ重要な交易路上にあって古来より栄え「ホラーサーンの真珠」とその繁栄を謳われた。

当時の繁栄はモスクや城塞などから見て取れます。

首都カブールにあるムガル帝国初代皇帝バーブルの庭園。

バーブルはカーブルに10のバーグ(庭園)を建設し、宮殿の役割を果たす天幕を庭園に設置していた。

バーブルのカブールへの思い入れは相当強かったそうです。
ちなみに現存している庭園はひとつだけです。

難しいアフガニスタン入国。。。

これだけの観光資源がある国、人によっては行ってみたくもなります。たぶん。w
でも当然のことながら南部や北東部で内戦が続いているため普通はビザは出ません。

[申請時間] 月曜日と火曜日の午前9時30分~午後12時30分
[受取時間] 申請翌週の火曜日の午後2時~午後5時

むむむ?

申請に必要な書類
ビザ申請用紙
推薦状
パスポート
証明写真2枚(4.5cm X 3.5cm)
健康診断書(3ヶ月以内のもの)
ビザ発給手数料の領収書・支払証明書

意外と簡単そう!!!\(^^)/

また、場合により、面接が行われます。

はい。あえなく撃沈。w
ちなみに普通の旅行者の場合ここで観光ビザが下りたという話は聞いたことがありません。。。

日本大使館レターがあれば取得できる

ちなみに在外のアフガニスタン大使館の公式コメントはこんな感じ。

実は...今年のはじめまで裏ワザがあった!!!

アフガニスタンに行きたい日本人たちが執念でたどり着いた最後の扉がこちら。

タジキスタン南部の小さな町。
ここまでくると旅人の執念を感じます。。。

1 2