1. まとめトップ

速度制限無しを謳ったWi-Fiルーター「305ZT」に「3日間1GB制限」を設け炎上【ワイモバイル】

ワイモバイルが実質速度無制限として発売したWi-Fiルーター「Pocket WiFi 305ZT」、突然それに「3日間1GB制限」が掛けられました。その影響で大炎上の様相を呈しているので経緯や情報をまとめした。追記:同系列の『SoftBank Air』でも同じような事態になる可能性が。

更新日: 2016年02月20日

1 お気に入り 26460 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

josh_harnさん

事前告知なく突如速度制限が掛けられる

Y!mobileが、昨年発売のWi-Fiルーター「Pocket WiFi 305ZT」に対して、突如として「3日間1GB制限」を適用したことを、国内ブログ「鈴の音情報局」が伝えました。

以前は実質速度無制限と謳われて販売されており、それなりに人気を博していた

建物の中に弱いAXGP以外にも、ソフトバンクのLTE(2.1GHz帯)やワイモバイルのLTE(1.7GHz帯)を切り替えて利用できるスグレモノです。

このルーターは、500円/500MBの通信量追加が何度でも無料で行える「CA対応Pocket WiFi使い放題キャンペーン」が適用できるため、通信が実質的に無制限であることを謳って販売されており、価格.comでも75製品中1位の人気商品となるなど、かなりの高評価を得てきました。

そもそも「CA対応Pocket WiFi使い放題キャンペーン」とは?

同キャンペーンは新型モバイルルーター「Pocket WiFi 305ZT」が月額3696円で24ヶ月間、使い放題になるというものです。

「使い放題」の内容は、対象となる「Pocket WiFiプラン+」の通信量上限(7GB)を超過した際の、通常速度に戻す追加料金(500MBごとに500円)が最大2年間無料になるというもの。

しかし4月半頃から突然速度制限が掛かり始めた模様

ところが4月以降から突然、3日間の通信量が1GBを超えた場合、通信速度制限が掛かるようになったそうです。

この制限に加えて、305ZTでは動画視聴に対する帯域制限も別途行われており、これに引っかかるとYouTubeの視聴も厳しくなります。しかも月あたりの通信制限とは異なり、「3日間1GB制限」と動画視聴制限は課金による解除が不可能。

Y! Mobileの305ZT、通信速度制限解除してるのに1Mbpsにも届かねエエ 調べたら3日で1GB制限が始まったとか言ってやがるが、購入時にそんな説明はなかった。詐欺だ。消費者センターに言ってやる、契約破棄してやるぅぅぅ!!!

Y!mobile(ワイモバイル)の305ZTの速度規制があまりにもあからさま過ぎて本当に酷い。「使い放題!」なんて真っ赤な嘘。7GB以上使えるには使えるけれど、速度規制がひどすぎてそれどころじゃない。これ本当に詐欺。 #305ZT pic.twitter.com/SitKGMu4eE

販売店や店頭ではこの事について触れていないらしい

過酷な通信制限が課せられているにも関わらず、店頭でもそのような重大な事実は告げられていないようです。

まだ305ZTを無制限だと宣伝しているショップのツイートがゴロゴロ。コールセンターは3日1G制限実施を明言したし、「1日の使用量を200〜300MBに抑えて下さい」とも言ってる。もう無制限なんて言うのやめといた方が。これ以上は対応に苦慮するだけだろうに。#305ZTユーザー

305ZTの契約書に「3日で1Gb制限」の説明を受けた痕跡が無かった。(説明を受けた記憶もない) あと動画制限に関しては契約書に記述すらされていない。これは詐欺と言っていいんじゃないのか #305ZTユーザー #305ZT pic.twitter.com/0evo7cOH32

事実を告げないどころか、全国のワイモバイル販売店は今でも「無制限」と宣伝し続けています。

いくら月あたりの通信容量が実質無制限でも、他に複数の解除不能な制限が存在する限り、宣伝と実態があまりにも乖離し過ぎていると言わざるを得ません。

ソフトバンク系は帯域制限がかなり過酷

SoftBankとY!mobileは「3日間1GB」の通信制限を厳格に適用しており、WebブラウジングやTwitterのタイムライン更新でさえ支障が生じることで有名です。この制限に引っかかった時点で動画やゲームの利用はまず現実的ではなくなります。

1 2 3